好き避けで相手を睨む心理状態とは

スポンサーリンク

好き避けの人が特定の異性に対して睨むという仕草を見せる行動心理について、警戒心が強いことを表しています。
好き避け意識が強いと警戒心が強くなってしまうことが多いので、そういった気持ちが相手を睨むという形で出てしまいます。
子供や学生といった若い世代に多く見られる心理状態でもあり、好き避けにおける特徴として好意を持っていることが関係しています。
好き避け意識が強い場合においては、通常は集団でいる時に視線や目線を合わせないことが多いです。
しかし警戒心が強くなっている状態では、視線を合わせないのではなく睨むという形で表現することがあります。
睨むという表現や仕草を見せる時には、相手が特定の異性に対して警戒している可能性が高いです。
ですが敵意や嫌悪感を持っているわけではないので、その後の行動次第で友情や恋愛に進展することも珍しくないです。
相手を警戒しているという心理が強く働きかけるため、睨むという形で好き避けを表現することがあります。
なお若い世代に睨むという仕草を見せることが多い理由として、大人に比べて恋愛経験が少ないことが関係しています。

スポンサーリンク

 一般的に好き避け意識が強い時に相手を睨むという行動心理において、相手に対して人一倍に警戒している可能性が高いです。
目が悪いもしくは視力が低下していることが理由ではないので、強い警戒心が働いている相手の心理を読み取ることが出来ます。
この場合のおける対処法として、好き避けする人と積極的にコミュニケーションを取ることが重要です。
最初は睨むということで良い印象が得られないですが、その一方で相手に好意を持っている可能性もあります。
そういった相手の心理を逆手に利用して、好き避け意識が強い人と世間話を少しでも多くすることが重要です。
何回も世間話をすることによって、相手が自分に対する警戒心を解いていくことが出来ます。
好き避けする人は恋愛には奥手である一方で、誠実で優しい性格であることが多いのも特徴です。
恋愛心理学において良好な関係になるまでに時間はかかりますが、その一方で一度心を許せば優しく接してくれることも多いです。
よって恥ずかしがり屋で誠実という心理を知った上で、時間をかけてゆっくりと相手との距離を縮めることが必須となります。

スポンサーリンク