好き避けをする女性の視線について

スポンサーリンク

好き避けの行動パターンをとる女性は、視線の動きも独特です。
気になる男性と接する場合にも、相手の目を見ないことが少なくないと言えます。
会話の途中でちらちらと顔を盗み見るものの、どこかぎこちない雰囲気が漂うのが常です。
女性の気持ちに気付いていない男性の場合は、このような態度を見ると少なからず避けられていると勘違いをします。

 

 

好きなのに避けてしまう複雑な心理状態の背景には、概して羞恥心や嫌われたくないという防衛本能があります。
ですので、男性が自分の方に視線を向けていない時には堂々と相手を見ることが出来るのが一つの特徴です。
好き避けをする女性の心理は複雑であり、男性側は一定の理解を持って接する必要があります。

スポンサーリンク

 

このような好き避けをしてしまう女性は、概して相手を意識しすぎる傾向があります。
恋愛感情を持つと同時にそれまでの屈託のない言動がなりを潜め、一気に気難しい女性に変わってしまうのが厄介な点です。
こういった状態を改善するためには、恋愛感情にのまれないように気持ちを調整することが大切となります。

 

 

男性側がこういった好き避けの気持ちに気付いた場合は、自分の感情に従って自然に振る舞うのがベストです。
好意に応える気持ちがあるならば、少しずつ距離を縮めていくと関係がスムーズに築けます。
出来るだけオープンに接することで、安心感を与えるのがコツです。
お互いに好き避けをしていると、いつまでも関係を進展させることが出来ないため二人にとってもマイナスとなります。

スポンサーリンク