好きな女性に対しての男性の目線とは?

スポンサーリンク

好きな人を前にすると緊張してしまうという方は結構多いかと思います。
特に付き合っていないという状態ですと、相手を意識してしまうのも仕方がないことかと思います。
「男性の場合の好き避け」に関しては、本人を前にしないと見つめてしまうということが多いです。
これは女性であれ同じような事はあるかと思います。
相手の事をつい見てしまうというのは、自然な事です。
人は、自分の興味の或者にかんしては特に関心が強くなるため、つい見つめてしまうと言うことがあります。
また男性は無意識に相手を追ってしまうと言うことがあります。
これは周りに友人がいた場合には、何を見ているの?と聞かれるくらい目線だけではなく、首で追ってしまう程です。
そしてこちらを向くとつい何事もなかったかのように目線を逸らしてしまうというものです。
それが、意中の女性が学校の体育の時間や、友人と話をしている場合に多いです。

スポンサーリンク

また本人を前にするとあまり目を合わせてくれないと言うこともあります。
これは、男性が女性に比べコミュニケーションが苦手と言うことが原因です。
これは男性と女性の違いになるのですが、男性というのははるか昔の時代から異性とのコミュニケーションは苦手と言うことがあり、これは今現在も続いています。
また意中の女性に話しかけられても、無愛想な返事しかできないと言うこともあります。
男性は精神面に関しては女性に比べて子供な部分があります。
いくら男性が冷静に振舞っていたとしても、好きな人の前では自分を素直になせないと言うところがあります。
また、意地悪に発展してしまうのも男性の悪いところですよね。
また顔を見て話をしているかと思うと、実は後ろの景色を見ていると言うこともしばしばあります。
これはあくまで男性の強がりの部分なので、自分がもしも好きな男性であるならば、優しく話しかけて上げて、徐々に相手の壁を低くして上げる必要があります。
男性がエスコートすべき!という考えもあるかもしれませんが、以外と男性は純粋な生き物なんです!!

スポンサーリンク