好き避けをすると男性は嫉妬するので、フォローすることが大事

スポンサーリンク

最近、好き避けをする男女が増えているといいます。
これは好きなのに避けてしまうという意味で、表面ばかりを見ていると本当の心理がわからないのです。
なぜそのようなことをするかというと、他人がいる前では好きという感情を知られたくないからです。
本当は好きなのに、第三者がいると知られたくないためにわざと反対の行動を取ってしまうのです。
この心理を見抜かないと、本当に嫌われていると思い込んでしまいます。
好き避けをする場合、かなり恋愛感情が強い場合が多いのです。
ほんのちょっと気になる程度なら、わざわざ避ける必要がないからです。
好きであればあるほど、それを知られたくなくて避けてしまうわけです。
このような好き避けをした場合、必ずあとでフォローする必要があります。
2人きりになった時に謝ればいいのです。

スポンサーリンク

 

この好き避けをわざと使って、男性の気持ちをゲットする方法があります。
例えばお互いの気持ちは通じ合っていながら、ハッキリと告白されていない場合に有効な方法です。
男性の気持ちに立つと、女性の方が好き避けをすると嫉妬心が湧いてきます。
お互いの気持ちが通じ合っているだけに、避ける態度を取られると心が掻き乱されるのです。
あとで2人きりになった時に素直に謝れば、男性の燃え上がった嫉妬心は愛情に転化してより恋愛感情が強くなります。
そこで告白される可能性が出てきます。
ただし、あとでフォローしないと男性の方がかたくなな態度を取り、ギスギスした関係になる恐れがあります。
そうならないためには、すぐに2人きりになって謝ることです。
その時に、好きすぎて避けてしまったと言えば、恋は成就します。

スポンサーリンク