好き避けとごめん避けの見分け方

スポンサーリンク

好き避けとは、好きな相手だからこそ避けてしまう状態を指します。
これは好意を読み取られたら、向こうに主導権を握られるのではないか、という警戒心と、異性との接し方がよく分かっていない人が、何となくやってしまう、という二パターンに分かれています。
 これとよく似たもので、ごめん避けというものがあります。
こちらは特定の異性が自分に対し好意的に接してきても、その気持ちに気づいていないふりをすることです。
 両者はぱっと見た感じでは酷似しているため、たいていの人がその区別をつけることができません。
 では、何か見分け方があるのかと言いますと、それは目の動きを追うことです。
 好き避けをしている人だと、気になる相手の行動を逐一確認してしまいます。
これは無意識のうちにやっていることなので、周りもその人の気持ちに何となく気づけます。
 しかし、ごめん避けをしている人だと、相手との距離を詰めたくないので、それがありません。
 このため、視線を追うだけでも職場の人間関係をある程度は把握することが可能になります。

スポンサーリンク

 好き避けとごめん避けの見分け方については、メールの回数を確認する、という方法もあります。
 好き避けをしている人だと、普段気持ちを隠している分、メールでは饒舌になる傾向にあります。
好きな人から何か送られてくると、即座に返事を返してしまい、そのまま長いおしゃべりが始まるのです。
 しかし、ごめん避けだと事務連絡以外はお断りだというパターンが目立ちます。
相手から何か送られてきても、それが雑談に当たるものならば、徹底的に無視するか、返事を極端に遅らせたりするのです。
 他の見分け方としては、それをしている人の性格に思いを馳せることです。
いつも異性との対応に苦慮している人ならば、その不器用さから好き避けに走りますが、仕事人間で周りにも気を遣える人ならば、周囲の空気を悪くしないためにごめん避けをするという塩梅です。
 これは職場にいる同僚が相手ならば、接する機会が多いので、試しやすく、尚且つ判りやすいものとなります。

スポンサーリンク