好き避け、話しかけると笑顔になる心理とその理由

スポンサーリンク

人間は自分の気持ちに必ず素直になれるとは限りません。
羞恥心や周りの目などを気にして、好き避けをしてしまう場合があります。
 好き避けをする人の多くは、好意を抱いている人と目を合わせるのを避けようとします。
これは俗に目は口ほどにものを言うと言われているためです。
目を合わせると、そこから気持ちをくみ取られるのではないか、と警戒してしまうのです。
 しかし、そうした心理状態にあっても、好きな人が話しかけると笑顔になることが珍しくありません。
根元の部分では、相手のことが好きだからです。
 しかし、普段避けられているのに、話しかけると笑顔になると言えば、その理由が分からない相手が困惑することになります。
 人間が極端な行動に走るときは、必ず理由があります。
 この場合の対処法としては、相手の心理を日頃の行動などから読むことです。
単純に避けられているように見えても、それが照れから来ているものならば、本心からの嫌悪はありません。
 観察力を身につけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 普段は無表情でも、話しかけると笑顔になる人の特徴としては、会話が一度始まるとおしゃべりになることです。
 これは自分から話しかける勇気が欠如しているためです。
人見知りをする人が好き避けをすると、こうした行動に出ることがよくあるのです。
 この場合は、相手の心理状態を察し、自分から近づく回数を増やすことが肝要です。
会話の回数が増えれば、やがて向こうの方から話しかけてくるようになるからです。
 また、周囲も自分たちが会話をしていても違和感を覚えることはなくなります。
 恋愛とは二人の理解があれば成立するものだというイメージがありますが、周囲の理解も必要です。
そこを意識しておくことも大切なのです。
 好き避けをする人への対処法としては、共通の話題や趣味を持つようにして、そこから関係を深めることが大切です。
 誕生日などの記念日に、相手が喜びそうなものを贈れば、それだけで好感度をかなり高めることが出来ます。
 このように、話しかけると笑顔になる相手を見つけたときは、向こうがそうする理由を考え、合わせてあげることが大切です。

スポンサーリンク