好意を抱く相手を好き避けしてしまう女性心理とは

スポンサーリンク

好きな人を避けてしまうという、所謂「好き避け」する女性の心理とはどのようなものなのでしょうか。
好意を持つ男性にはアタックあるのみという肉食女子や、男性の方にはなかなか理解し難いものですが、彼女達は彼女達なりに悩み、苦しんでいるのです。
 好き避けする女性の多くが抱いている想いとして「相手に嫌われるのが怖い」というものがあります。
下手に好意をよせる相手に近付いて、嫌われたり傷ついたりするくらいならば、関わらない方が良い、と判断してしまうのです。
この心理の根底には自分への自信の無さや、恋愛経験の乏しさ、過去の恋愛における辛い経験などがあります。
 簡単にそれぞれについて解説していきます。
まずは自分に自信が無い女性は「自分なんかどうせ相手にされるわけない」と卑屈になる傾向があります。
何故自分に自信がないのかは、それぞれの経験や感覚によるものですが、ダイエットをしてみたり料理を覚えてみたり、自分磨きをしていくうちに徐々に解消される場合が多いようです。

スポンサーリンク

 次に恋愛経験の乏しい女性に関してですが、これはそもそも好意を寄せる男性にどのように接したらいいのか分からず、結果的に好き避けしてしまうケースが目立ちます。
これは、恋愛アドバイザー的な友人などに相談することで、自分の行動を客観視することにより克服出来る可能性があります。
 最後に過去の恋愛がトラウマになっている女性ですが、「また辛い想いをするくらいなら、相手に接しない方がいい」という自己防衛本能に基づく行動です。
これはまず、過去のトラウマを克服することが必要なので、なかなか難しい問題といえるでしょう。
 以上が好き避けする女性心理の解説でした。
もし、アナタが男性で、好き避けされていることに悩んでいる場合は、これらの心理を理解し、ゆっくりと時間をかけてお相手の心を解きほぐしていきましょう。
とにかく焦りは禁物です。
 また、ご自身の好き避けに悩んでいる女性は、自分の心理を見つめ直し、それぞれに適した方法で克服していきましょう。

スポンサーリンク