人見知りで好き避けをする女性への対処方法

スポンサーリンク

人見知りをする女性は、一見近寄りがたく、恋愛対象としては難しい部類に入りますが、逆に人見知りをする仕草がかわいらしく見えて、惹かれます。
なかなか気軽に話してくれないので、仲良くなるまで大変ですが、うまくいく対処方法はあります。
まず人見知りをする女性は、嫌いだからそっけない態度を取ったりするわけではありません。
人見知りをする女性の多くは、とても恥ずかしがりやで、自分に自信がないという傾向があります。
そのため、最初は少しずつ女性に話しかけることをコツコツ続けて、緊張せずに話せる仲になることを目指す、対処方法が最適です。
話しかけても、嫌な顔をせずに返事をしてくれるようであれば、好き避けの態度をとられているだけなので、嫌われない程度にアプローチを続けます。
好き避けと、嫌い避けを見極めるのは難しいですが、嫌い避けの場合は、あからさまに近づかないように避けられるので、話ができるのならば、好き避けと考えて大丈夫です。

スポンサーリンク

お互いに目を合わせて、笑顔で話せるようになれば、かなり両思いに近づいています。
人見知りをする女性だと、その段階にたどり着くまでが実は一番困難なので、気軽に話せるようになれば、あとは積極的にアプローチをしても大丈夫です。
まだお互いのことをよく知らない段階で、相手の気持ちを無視して、積極的にアプローチすると、確実に嫌われてしまい、彼氏の候補からあっさりと脱落してしまいます。
人見知りをする女性の気持ちを理解して、尊重しながら、優しく相手の心に近づいていくことで、信頼を得ることができて、男性として意識され始めます。
このような女性は、相手の性格をきちんと見極めて、信頼できる男性としか付き合わないので、まじめな性格だということもよく分かります。
だからこそ、魅力を感じますし、絶対に付き合いたいと考えます。
人見知りや好き避けをされると、心が折れてしまいますが、焦らず、少しずつアプローチする対処方法をすることで、両思いになることができます。

スポンサーリンク