片思いの相手に好き避けしてしまう人への対処方法

スポンサーリンク

片思いをしている相手に好き避けしてしまう、という人は世の中に珍しくありません。
これは誰しもが好意をストレートに表現できるわけではないためです。
 では、そういう相手への対処方法は何かないのかと言いますと、まず二人きりとなり、その気持ちを確かめてみるのが有効です。
 人間は他人の目があると、周囲の空気から本心を隠す傾向にあります。
これは職場の雰囲気を壊さないために必要な行いなので、悪いものとは言い切れません。
 しかし、人目がなく、何を言っても二人の問題で済むというのであれば、本心を吐露することもできるようになります。
 このとき気を付けておきたいことは、相手に告白を強要しないことです。
 これは脅迫じみた真似をされてよい気分になる人がいないのと、向こうがこちらに片思いをしているというのが、単なる勘違いであった場合の備えです。
 人間何をするにしても、保険を打っておく必要があります。
特に恋愛の場合はそうです。
対処方法を間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

 片思いの相手に好き避けしてしまう人への対処方法としては、携帯電話やパソコンを介して送れるメールを使う、というのがあります。
 相手の顔をまっすぐ見据えてものを言えば、必ず気持ちが伝わるとは限りません。
気弱で口べたな人だと、萎縮してかえって何も伝わらない、ということがあります。
 しかし、メールであれば相手から離れていても気持ちを伝えられるため、逆に正直になれることが多いのです。
 このとき、相手の返信速度も合わせてチェックしておきましょう。
好き避けならば、返事を書く速度は自然と上がるものだからです。
 好き避けしてしまう人への対処方法としては、仲間内で出かけることを提案してみる、というのもあります。
 これはいきなり二人きりで出かけようと告げても、羞恥心などから拒絶されることが多いのですが、職場の親睦会という形にすれば、すんなりと受け入れられることが珍しくないからです。
 何をするにしても手順を踏むことが大切だというのを、意識しておきましょう。

スポンサーリンク