好き避け、会わない理由とは

スポンサーリンク

好き避けとは、好きな人だからこそ避けてしまう状態や心理を現したものです。
 何故そのようなことをしてしまうのかと言えば、恋愛に対する照れが一番の理由です。
 これは自尊心が強い人ほど当てはまると言われています。
自分の方から好きだと言い出すと、それが原因となり、以降は相手に主導権を握られてしまうのではないか、との気持ちがそうさせてしまうのです。
 好き避けをする人は、極端な行動に走ることもあります。
それは好きな人に会わない、というものです。
 顔を合わさなければ気持ちを察せられる危険はなくなるし、そのうち好意も冷めるかも知れない、と考えてそうしてしまうのです。
 しかし、意識的に避けられている相手は、嫌われているのではないかと感じ、傷つくことが多いので、それは避けた方が賢明だと言えます。
 特定の相手と会う会わないは個人の自由だと言えますが、人間関係とは周囲にも影響を与えることが多いので、それに思いを馳せるようにしましょう。

スポンサーリンク

 好き避けをする人が好きな人に会わない理由としては、気持ちを抑えられなくなることを恐れているから、というのがあります。
 これは感情のコントロールが苦手な人に当てはまる話です。
 どのような物事も、自分が思っていることを率直に伝えなければ進まない局面がありますが、一方的な思いの押しつけは、双方に不幸を招く原因になります。
 好き避けをした結果、相手と会わないという選択肢を選んだ人は、そういう意味では客観性を有していることになります。
 この場合の解決方法としては、徐々に距離感を詰めていくことです。
いきなり接近しようとしても、うまくいく道理はないし、遠ざかっていても気持ちが成就する可能性はありません。
 まずは雑談を交わすようにして、共通の趣味を造るようにしましょう。
会話の糸口を見出すだけでも、状況はかなり変わるものだからです。
 特定の相手にいつも避けられているのであれば、その理由を考えてみることも大切です。
人間関係とは相互補完で成り立っているのを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク