好き避けがうざいときの対処方法

スポンサーリンク

好き避けとは、好きな相手だからこそ素直になれず、冷淡な態度を取ることを指します。
このため、それをされている人からすれば、単純に嫌われているのではないか、と感じることが多いものです。
 好き避けか嫌い避けかを見分けるこつとしては、会話中の相手の表情があります。
前者であれば、頬を赤らめて俯くことが多いのですが、後者だとそもそも目も合わせてくれないことが多く、会話中も携帯電話やパソコンを操作したままだったりすることが多いため、その見分けは容易になっています。
 では、好き避けをされてうざいと感じたときの対処方法はと言いますと、相手にかまをかけることです。
 別の異性と出かけるという話を持ちかけ、そのときの反応を見るのです。
 このとき、相手のことが好きで、向こうも素直になったのであれば、それを受け止めてあげるようにしましょう。
 このとき、下手に焦らすとかえって問題がこじれる恐れがあるので、控えた方が賢明だと言えます。

スポンサーリンク

 好き避けをしてくる相手をうざいと感じたときの対処方法としては、共通の知人を交えて、一緒に出かけるというのを提案する、というのがあります。
 この方法ならば、仲間内や職場での親睦会という名目が使えるため、向こうも顔を出しやすいというメリットがあります。
 このとき、相手の気持ちを更に確認したいのであれば、移動中の乗り物の席を各自の自由にするようにしましょう。
 何らかの理由を付けて、隣か近くの席を押さえに来た場合は、まず好意からそれをしたと考えて差し支えありません。
 自分が他の異性と話をしているだけで、嫉妬心を示してきてうざいと感じたときの対処法としては、適当な理由を付けて行動を共にすることです。
 好き避けをする人の多くは、好きな人に対する独占欲を抱いています。
そのため、一時でも相手と二人きりでいられるのならば、多少の不満は押し殺す傾向にあります。
 人間心理とはある程度までパターン化することが出来ます。
好き避けをされて困ったときは、先に説明した方法を試してみましょう。

スポンサーリンク