好き避けする女性のうざい特徴

スポンサーリンク

好き避けする女性というのは、世の中に珍しくありません。
 一般的に、男性と比べれば女性の方が恋愛に積極的だという印象がありますが、個人の性格が影響する部分が大きいので、これは仕方のないことなのです。
 しかし、好き避けも度を過ぎると問題を起こすことがあります。
 まず、話しかけても満足に返事が来ない、というのは、男性側から見ればかなり問題のある行動だと言えます。
人間は相手に無視されるのが一番堪えるものなのです。
 このとき、相手の男性に、既に好意がばれている場合は、うざいと思われる可能性が濃厚となります。
気持ちをはっきりさせて欲しいと彼らは考えているからです。
 これとは逆に、一方的に自分のことばかり話す女性というのも、うざいと思われる可能性が高いと言えます。
 こうした態度を取ってしまう人の特徴としては、自分の価値を相手に伝えれば、それだけで食いついてくると考えていることです。
 会話とはキャッチボールと同じです。
その特徴を踏まえた上で対応するようにしましょう。

スポンサーリンク

 好き避けする女性の特徴としては、気になる男性からメールを送られると即座に飛びつくことも含まれます。
 一般的に、女性は男性と比べると筆まめだと考えられているため、普段会話の機会がなくても、メールではおしゃべりだという相手を見つけても、男性はそれを不審に思うことはありません。
 メールから関係を深めることも珍しくないのです。
 しかし、真夜中にメールを何通も送ったり、一度それが始まるとしばらく付き合わされるとなると、男性側はそれを面倒だと感じる傾向にあります。
 うざい相手だと思われないためには、長引かせても一時間以内に終わらせるなど、ある程度の配慮が必要になります。
 態度や仕草から好意を抱いているのは明らかなのに、いつまで経っても告白してこない、というのも、うざいと思われるパターンの一つです。
 恋愛は焦らすことが有効な局面もありますが、度を過ぎると相手の気持ちが冷めてしまいます。
 適当なタイミングを見計らって告白するようにした方が賢明です。

スポンサーリンク