男性の好き避け、うざい特徴とは

スポンサーリンク

好き避けをしてしまう男性は世の中に珍しくありません。
これは恋愛に対し照れのある人が多いためだと言われています。
 好意をストレートに表現するだけで思いが成就するという保証がない以上、これはある意味で仕方のない対応だと言えますが、度を過ぎると相手の女性や周りからもうざいと思われてしまいます。
 では、好き避けをする男性の特徴や行動とはどのようなものかと言いますと、相手とうまく目線が合わせられないことです。
 これは目を合わせていると、相手に好意を読み取られるのではないか、と考えてしまう男性が多いからです。
 そのため、話をしているのに目を合わそうとしない相手のことを、女性はうざいと感じることがあります。
 このとき、好き避けをしている男性だと、頬を赤らめるのをその特徴としていますが、そこから相手に好感を与えられるかどうかは、日頃の行いによります。
 何をするにしても、限度というものは存在します。
ときには素直になることも大切だと、肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク

 女性にうざいと思われる、好き避けする男性の特徴は、メールにも現れます。
 彼らは意中の相手からメールが送られてくると、即座に長文で返してしまいます。
 これは無視するより好ましいと思われる一方で、メールの往復が発生することから、女性側から面倒だと感じられることがあります。
 また、会話中にしつこくプライベートのことを訊ねるというのも、うざいと思われる事柄の一つです。
会話の流れから自然とその話題になったのならともかく、急にその話を振ってきて、返答が得られるまでそれを繰り返すというのは、褒められた行為ではありません。
慎んだ方が賢明だと言えます。
 普段は避けているくせに、打ち上げや飲み会のときだけ近くに陣取るというのも、うざいと思われる原因の一つです。
 このとき、盛んにアルコールを勧めたりしたら、余計に面倒な存在だと思われるのがおちだと言えます。
 人間何をするにしても、気持ちを言葉と行動で表す必要があります。
そこを踏まえた上で、好きな女性と接するようにしましょう。

スポンサーリンク