好き避けする人のうざい仕草とは

スポンサーリンク

好き避けとは、気持ちを素直に表現できない人がするものだとされています。
これは自尊心が強い人だと珍しくありません。
 彼らは自分の方から相手に好意を告げると、それが弱みになるのではないかと考えてしまうため、ストレートな告白を躊躇する傾向にあるのです。
 では、好き避けをする人がよくするうざい仕草とは一体何なのかと言いますと、それは相手のことをチラチラとのぞき見ることです。
 普段はまともに目も合わせられないのに、気がついたら視線を投げかけられていることが多いというのであれば、それは好き避けなのです。
 このとき、視線を投げかけられている相手にも好意があれば、自然と距離を詰めることが可能になりますが、そうでないとうざいと思われるだけになるので、注意が必要です。
 人間は思っていることをそのまま口にするだけでは生きていけません。
これは不変の真理です。
 しかし、仕草だけで相手に気持ちを伝えることもまた不可能なので、言葉で表現するのも大切なのです。

スポンサーリンク

 好き避けする人のうざい仕草としては、会話中に相手の目を見ないことがあげられます。
 人間は相手の話を真剣に聴くときは、その目を見ながら話すものですが、好き避けをしている人だと、どうしても相手の顔を見ることが出来ないのです。
 また、好きな人が目の前にいるという緊張感から、必要もないのに身体のあちこちを触る人もいます。
こちらも落ち着きがなくてうざいと思われることが多いので、注意が必要になります。
 会話中に、何かある度にオーバーリアクションを取るというのも、褒められた行為ではありません。
 無関心かつ無表情で聞き流されるのも駄目ですが、事ある事に大袈裟な身振り手振りを交えられると、それだけでうざいと感じる人は多いのです。
 人間関係というのは、ある意味で相互補完体制にあります。
一方的に好意を投げかけるだけでは、相手がそれに応えてくれるという保証はありません。
 そのため、ときには相手の立場になって考えるのも大切です。

スポンサーリンク