好き避け、緊張する理由と心理

スポンサーリンク

好き避けとは、自分の気持ちを素直に表現するのが苦手な人がやってしまうものです。
これは単純に不器用なのと、周囲の環境による部分が大きいと言えます。
 では、好き避けをしてしまう人は、好意を抱いている相手に対し、どのような態度で臨むことが多いのかと言えば、緊張感から何も話せなくなる、というパターンが多いと言えます。
 こうなる理由としては、先に説明した周囲の環境があります。
社会人になるまで家族以外の異性とろくに接したことがないという人だと、対処法が分からないため、自然と身を固くしてしまうのです。
 そして一度こういう心理状態になると、なかなかリラックスすることはできません。
 緊張感を解くのに必要なのは、時間経過と経験の積み重ねによる慣れです。
周りにいる人の半分ほどが異性だという環境に置かれれば、やがてそれに対応できるようになります。
 このとき、周りもそれに気づいたら、無理に理由を問いただしたりして心理的な圧迫を加えないようにしましょう。
 急かすとかえって面倒になるのは、どんなことにも当てはまることです。

スポンサーリンク

 好き避けをしてしまう人は、好きな人を前にすると、冷淡な態度を取ることが少なくありません。
これは気持ちを読み取られることが、彼らからすれば何より恥ずかしいからです。
 しかし、そうした対応が相手を傷つけるということを頭の中では理解しているため、後でそれを悔やむというケースが多いのです。
 このとき、周囲がその人の感情に気づいたら、クッション役を務めるようにしましょう。
二人きりだと緊張感から話せなくても、周りに共通の知人がいれば、それだけで会話が成立することが多いのです。
 親睦会という名目で一緒に出かけさせるというのも有効です。
これならば顔見知りが一堂に会する場となるので、好き避けをしている人でも、問題なく参加することができます。
 人間が極端な心理状態に走るときは、必ずそれに理由があります。
それを一時的な気の迷いだと考えず、相談に乗ってあげたり、問題解決の糸口を提供することもまた大切なのです。
 観察力を養うようにしましょう。

スポンサーリンク