好き避け年下女子がタメ口を使用する理由とは

スポンサーリンク

好き避け年下女子が年上男性に対してタメ口を使ってしまう1つめの理由として、相手ともっと親密な関係になりたい心理が関係しています。
通常年下と年上では上下関係が成立してしまうことが多く、その代表例として敬語を使用するか否かとなります。
ですが好き避け年下女子が年上男性に好意を持った場合には、そういった言葉の壁を無くしたいと思うケースがあります。
その結果、あえて敬語ではなくタメ口を使用することで相手との距離を縮めようと考えることがあります。
好き避け年下女子が感じる心情として、恋人や友達になりたいと思っている場合に出ることがある言動です。
恋愛心理学では、好き避け年下女子が年上男性や先輩に対してあえて好意を持っている時においてタメ口を使用することがあります。
しかしその一方で、好き避け年下女子であってもタメ口で話されることを嫌う年上男性もいます。
特に礼儀に厳しい環境で育った年上男性の場合には、タメ口で会話しようとすると逆効果になります。
なので必ずしも恋愛や友情が成立するわけではないので、その点は十分に注意する必要があります。

スポンサーリンク

 好き避け年下女子が好意を持つ年上男性に対して、敬語ではなくタメ口を使ってしまうことがあります。
基本的に好意を持っていることの表れとなっていますが、その内容についてもう少し詳しく説明していきます。
確かに好き避け年下女子が好意を持っていた場合において、特定の年上男性にタメ口で話すことがあります。
ですがその注意点として、職場内においてこのような言動を多用しすぎると逆効果になることがあります。
プライベートではなく仕事をする場所なので、好意を持っていてもタメ口を使いすぎると社内での評価が下がってしまいます。
職場は恋愛を始めプライベートな話題を出すことは好まれていないため、好き避け年下女子の好意も逆効果になることがあります。
なのでどうしても年上男性にタメ口を使用したい時には、さりげなく行うことが大切です。
他の同僚や上司などがいる場合においては、基本的に敬語で接するように心掛けていきます。
そして相手と二人きりになった時に、敬語とタメ口を上手に使い分けていきます。
このように言動や言葉を使い分けることが、職場では必要になるので覚えておくと便利です。

スポンサーリンク