好き避けする人が無表情になる理由や心理

スポンサーリンク

好き避けとは、好きな人が相手だからこそ、冷たい態度を取ってしまうことを指します。
 通常ならば、好きな人にこそ優しく接するものですが、彼らは気持ちを相手に察せられるのを何より嫌うため、そうしてしまうのです。
 では、好き避けをする人が、好意を抱いている相手にどのような感じで応対するのかと言えば、無表情であることがあげられます。
 俗に目は口ほどにものを言うと言いますが、彼らは無表情を貫くことにより、相手に好意を悟られるのを防ぐのです。
 そしてそれをやられた人は、余程相手の心理状態を読む術に長けていない限り、その気持ちに気づくことはありません。
 それだと関係が進展することはまずないと言えますが、視線から心理が伝わることがあります。
 好き避けをする人は、普段の態度がどれだけ冷淡でも、根元の部分で相手のことが好きなので、その行動をつい目線で追いかけてしまうのです。
 人間が特定の相手を目で追う理由としては、好意がまず考えられます。
そうした経緯から関係が進展することもあるのです。

スポンサーリンク

 好き避けをする人は、好きな相手に接するときのみ無表情になることがあります。
これは緊張感を理由にすることが多く、単なる友達や同僚が会話相手だと、普通に接することが出来ます。
 そのため、特定の相手からいつも何となく避けられている、無愛想な顔でいることが多いと感じたら、態度を使い分けているかどうか確認してみましょう。
 どんな相手でも似たような対応をしているのなら、そういう性格の持ち主なのか、人見知りをしているだけの可能性が高いのですが、自分だけがそうだと言うのなら、好き避けか嫌い避けをされていると考えた方が無難です。
 相手に避けられている理由を確認したければ、飲み会を利用するようにしましょう。
本当に避けられているのであれば、アルコールが入る席だからこそ、遠ざかろうとしますが、好意がそこにあるのならば、近づいてこようとするはずだからです。
 人間心理とは、本人も自覚しないまま現れることがあります。
観察力を養って、見分けられるようにしましょう。

スポンサーリンク