好き避け年下男子がタメ口を使う理由

スポンサーリンク

好き避け年下男子が年上女性に対してタメ口を使用する理由として、相手への恋愛に対する尊敬や憧れが関係しています。
好き避け年下男子は好意を持った年上女性のことを、恋愛経験において豊富であるという憧れを持つことがあります。
ですがそれを実際に言葉に出して伝えることが出来ないので、タメ口という形で表現してしまうことがあります。
通常学校や職場などにおいて、このような特別な事情がない限りは年上女性に対しては敬語を使用するのが一般的です。
それなのに特定の年上女性だけにタメ口で話しかけてくる場合には、その人は好き避け年下男子である可能性が高いです。
また好き避け年下男子は大人しい性格である傾向が強いため、年上女性に自分をリードして欲しいという気持ちも含まれています。
ですが男性としての自覚もあるので、すべてにおいて年上女性に甘えるという気持ちでもないのが特徴です。
恋愛においてリードして欲しい気持ちがあるため、タメ口という形で話すことが多いです。
しかしその一方で、年下だけど自分は頼りがいがある男性という気持ちを持っていることも事実となります。

スポンサーリンク

 好き避け年下男子が特定の年上女性に対してタメ口を使用する理由として、恋愛において相手にリードして欲しい欲求が出ています。
もう少し詳しく説明していくと、好き避け年下男子は好意を持つ年上女性と対等に接したいと思っていることが多いです。
年上と年下だとどうしてもぎくしゃくしてしまうことがあるため、そういった関係ではなくフレンドリーに接したいという気持ちがあります。
このように好き避け年下男子は思っている傾向が強いため、敬語ではなくタメ口でコミュニケーションを取ることがあります。
特に今まで敬語であったので、急にタメ口に変わった場合にはこのような気持ちになっている可能性が高いです。
好き避け年下男子の相手に対する気持ちは、タメ口という何気ない発言によって把握することが出来ます。
さらに相手に甘えたいという気持ちも持っていることが多く、そのような理由もタメ口になってしまうことと関係しています。
このように仕草や動作では調べることが出来なくても、発言や言葉によって相手の気持ちを知ることも可能です。
恋愛心理学において、年上女性に好意を持った好き避け年下男子にはこのような傾向が出やすい傾向があります。

スポンサーリンク