【好き避け】LINEでの男性の特徴

スポンサーリンク

「好き避け」という言葉はご存知でしょうか。
好き避けとは、文字通りに「好きだけど避けてしまう行動心理」のことを指します。
「好き避け」は日常生活ではもちろん、LINEなどのSNSにも見られる行動心理です。
男性・女性どちらにも見られる行動心理であり、特に男性はそれが特徴として顕著に出ます。
今回は、「LINEでの男性の好き避け特徴」をご紹介します。
男性の特徴として多いのが、LINEの既読機能を利用したものです。
LINEには、メッセージを確認すると相手に既読が伝わる仕組みがあり、ここに1つの好き避けポイントがあります。
「既読は付いているのに、すぐ返事が返ってこない」という女性側の心理を読み取るように、男性はすぐにLINEを返さない傾向があります。
「LINEのメッセージをすぐに返してしまう=好意を持っている」という心理を読まれたくないため、男性は敢えて時間を置いてメッセージを返す特徴があります。
これは女性の特徴とも言えなくもないですが、圧倒的に多いのは男性側であると言えます。
なぜなら、男性は主導権を握りたい生き物だからです。

スポンサーリンク

「好き避け」とは好きだけど素直になれないため、直球勝負は避ける男性のひとつの特徴と言えるでしょう。
LINEでは通話機能もありますが、ほとんどが文字やスタンプによるやりとりが主流であり、なかなか文字だけでは伝わらないため、恋の駆け引きをするとなれば既読機能を利用した「好き避け」による変化球勝負とも言えます。
昔にはなかった、現代の男性における「好き避け」は、LINEなどのSNSによりかなり広がりつつあります。
特徴的ではありますが、この駆け引きにより惹かれる女性も少なくないことでしょう。
また、距離があってもコミュニケーションが取れるという事も特徴の一つで、遠距離の場合であっても同じ効果が得られることも、多くの人からLINEが支持されてる要因です。
顔を合わせて話すよりも簡単で、気持ちを悟られたくない人にとっては欠かせないツールであり、現代人にとっては必要不可欠なものかもしれません。
実際に会って話す時とはまた一味違った駆け引きで、現代的であると言えるLINEでの「好き避け」はこれからも男女間で繰り広げられることでしょう。

スポンサーリンク