好き避けであまのじゃくな行動に出る心理状態は関心を引くためです

スポンサーリンク

好意をもっている人に対しては、素直に気持ちを表現できない場合がありますが、好き避けの状態になる人も見られます。
 好き避けの中でも、あまのじゃくな行動をしてしまう場合があります。
この場合の心理状態の一つには、こどもの頃などに男の子が好きな女子にイタズラを仕掛けてしまうなどに似ています。
本当は好きな気持ちがあるのに、相手の気を引こうとする行動に出る事があります。
心理状態としては、相手の関心を自分に向けたい気持ちがあります。
心の中の好きという気持ちとは裏腹に、あまのじゃくな行動になってしまうのです。
本人は、好き避け状態に後悔の念を抱いている可能性もあります。
 好き避けであまのじゃくな行動に出てしまうのは、心理状態として好きな気持ちを押し隠している場合もあります。
相手に、自分の好意的な感情がある事を悟られたくないのです。
告白までする勇気がなかったり、感情がまだマックスに達成していない場合もあります。
相手に気持ちを悟られてしまうと、相手も自分をどう思うかなども気になる心理状態になってしまうのです。
あまのじゃくな行動に出てしまう心理状態についても、本人が意識できていない場合もあります。

スポンサーリンク

 何かの誘いなどをする場合にも、好意的な気持ちとは逆に、相手を誘わず他の人を誘ってしまう事があります。
ケースによっては、相手が居合わせている場面であまのじゃくな行動に出てしまう事があります。
好き避けの状態ではありますが、相手にとっては自分は必要とされていないんだ、仲間には入れてもらえないんだ、と勘違いされてしまうなどの場合もあります。
本当は好き避けの相手を誘いたい気持ちがあるのに、あまのじゃくな行動に出てしまうのは、周囲を気にする心理状態なども読み取れます。
周囲からあの人好きなの、という言葉をかけられるなどを避けている可能性が窺えます。
取り囲まれている環境によっては、周囲に好きな人の事などを話題にされたくない場合などもあるからです。
 好き避けで、視線を逸らしてしまうあまのじゃくな行動に出る事があります。
本当は目が合ったのに、何もなかったかの如くに視線を逸らし、挨拶などもしないあまのじゃくな行動になってしまう事があります。
この場合の心理状態は、まずは相手に遭遇してドキドキした気持ちが生じています。
別に悪い事をした訳でもないのに、自分が相手を見ていたと思われたくない、などの心理状態になる事もあります。
好き避けではよく見られる行動でもありますが、本人にとっては中々笑顔などに繋がらない心理状態でもあります。

スポンサーリンク