好き避けでうつむくという行動をしてしまう心理について

スポンサーリンク

好きなのに避けてしまう、そんな矛盾しているような行動をしてしまう心理を「好き避け」といいます。
好きなのに、好きだからこそ、正反対な行動をとってしまうという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
好きでもない人の前でなら普通の行動がとれるのに、それが相手が好きな人だというだけで自分でも思ってもいない行動をしてしまう、そんな好き避けに悩んでいる人も少なくはありません。
好き避けの行動をしてしまうと、相手に自分の好意は伝わりにくくなります。
それどころか、場合によっては嫌われてしまうこともありえなくはないのです。
また、好意を持っている人が自分だけにそっけない行動をしてくることもあります。
例えば自分と話している時だけ、うつむくという場合です。
このような場合に、どのような心理として受け止めたらよいのか悩んでしまうものです。
もしかしたら嫌われているのかもしれないし、好き避けという心理からきている行動なのかもしれないからです。
好意を持っている人の行動がどのような心理からのものなのか、観察することで察することが大切です。

スポンサーリンク

好き避けの行動でしばしば見られるものとして、うつむくというものがあります。
一般的に、話している相手がうつむくという場合には、あまりよい心理を抱いているとは考えられないものです。
しかし、好き避けの場合には、うつむくというものは決して嫌いといった心理からしているものではないのです。
男性でも女性でも、好きな相手と話している時に恥ずかしいという心理からうつむくということも多くあります。
意識をしてしまっているために、顔をあげて目を合わすことができないという心理状態にあるのです。
まさしく、好きなのに避けてしまう好き避けであるといえます。
自分自身が好き避けをしてしまい、ついついうつむくということをしてしまっているという人もいるのではないでしょうか。
このうつむくという行為は、照れている仕草に感じ取ることもできることから微笑ましくも見えます。
しかし、あまりにもしつこくうつむくということをしていると、人によっては戸惑いを感じたり不快な気持ちになったりもします。
そうならないためにも、なるべく顔をあげて目を見て話すように努力してみましょう。

スポンサーリンク