好き避け男性の視線の特徴について

スポンサーリンク

恋愛心理学における好き避け男性の視線に対する特徴として、1つめに不自然に相手から目をそらすことが多いです。
好き避け男性は好意を持っている女性と目が合うのを恐れる傾向があるので、不自然に相手を見てしまうことが多くなります。
好きな女性とは視線を合わせないということが特徴ですが、相手が別の方向を見ている時には常にその異性のことを考えている傾向があります。
視線が合うとそらしてしまいますが、基本的には好きな女性のことを目で追うという流れになります。
特に特定の女性とだけ視線や目線を合わせない場合には、その人は好き避け男性である可能性が高くなります。
恋愛において慎重派という傾向が強いため、好き避け男性が相手の場合には基本的に女性が積極的になる必要があります。
女性からのアプローチを受けることによって、好き避け男性はその後恋愛に発展しやすくなるのが特徴です。
また以前は視線を合わせていた場合でも、急に目線が合わなくなった場合にも好き避け意識が高くなっている可能性があります。
これが1つめの特徴となっており、基本的に好き避け男性は好意を持つ女性を視線や目線を合わせることはないです。

スポンサーリンク

 2つめの好き避け男性における視線の特徴として、二人きりの時には普通に話が出来るという可能性があります。
確かに集団行動をしている時には視線や目線を合わせることは少ないですが、逆に二人きりの時には積極的になることがあります。
自分に自信がないという意識が強いのが特徴ですが、二人きりになることで口数が多くなることがあります。
周りに誰もいないという安心感から、好意を持つ女性と集団でいる時以上に会話を楽しむということも少なくないです。
また好き避け意識が強い男性の場合には、二人きりでいる時でもたまに視線をそらしてしまうこともあります。
ですがこれは相手を嫌っているからではなく、好きな相手に見つめられている気持ちを避けるための仕草となっています。
なので嫌い避けしているわけではないので、好意を持つ女性と一緒にいたいという気持ちが強い状態となっています。
さらに好き避け男性は自分が傷つくことを心の中で恐れているため、表情もどこかぎこちなくなってしまうこともあります。
それは心や体が緊張しているためなので、自然な笑顔を作りにくくなっている状態となります。

スポンサーリンク