好き避けで挨拶を無視される理由は感情を守るため

スポンサーリンク

時代が変化して男女の心理もより複雑になったという話題があります。
その心理の中にははっきりとしたパターンが存在しているため、異性のことを理解するためには重要な部分です。
近年では好きな相手から離れるという態度が目立つ男女がいます。
その行動は分かりやすいものが多く、好きな異性を無視するなどの態度が代表的です。
こういった態度をされた相手は、自分が悪いことをしたのかと疑うケースも多いです。

 

挨拶を返さないという男女も、実際には好意を隠している時があります。
相手に対して大きな恋愛感情を持っている場合は、顔や目を見るだけで恥ずかしい気持ちを覚えます。
それが態度に出るのが更に恥ずかしいため、日常の挨拶を避けるという行動に走るのです。

スポンサーリンク

 

一般的に挨拶は毎日するものなので、そこには必然的なコミュニケーションが発生します。
しかし、好き避けをしている男女はそこで会話を止めることになります。
なぜなら、好き避けの態度には挨拶を無視することが含まれているため、自然な形で異性との会話には発展しないのです。
その徹底した態度の理由には、素直になれない男女の恋愛感情が隠されています。

 

一般的に好き避けになる理由は、自分の感情の乱れをなくすためです。
恋愛をしていると相手の行動に左右されることが多く、その度に様々な感情を抱く結果になります。
そして、色々な感情を持つことで普段の体調にも影響が出るため、そういった複雑な心理から逃れたいと考えるのです。
だから男女は挨拶を無視して冷静な感覚を守るのです。

スポンサーリンク