好き避け男性に多い職場での心理状態とは

スポンサーリンク

好き避け男性が学生ではなく社会人というケースにおいて、好きな女性が職場にいる時の心理状態を説明していきます。
基本的に好き避け男性は自分から相手に話しかけようとすることはなく、女性からのアプローチを待つことが多いです。
しかも相手がいる場所が職場という環境であることから、自分が持っている好意を表に出すことはあまりないです。
むしろ素っ気ない態度を取ってしまうことが多く、視線や目線を合わせようとしなくなる傾向が強くなります。
ですが相手に好意を持っていることに違いはないので、好き避け男性の心理状態として緊張感が高まっていることが多いです。
また職場には同僚や上司などが多数いるため、好きな女性に対してアプローチする機会も減少してしまいます。
さらに好きな女性と好き避け男性が視線を合わせた時には、わざと目線をそらしてしまうのも特徴となります。
特に好きな女性が隣にいる場合には、好き避け男性の心理状態も緊張やドキドキといった傾向が強くなります。
基本的に表面上にその態度が出ることはありませんが、心の中では相手を強く想っていることが多いです。

スポンサーリンク

 職場での好き避け男性に多い心理状態として、好きな女性や異性の近くにいるとドキドキ感が高くなってしまいます。
そして好き避け男性の女性の対する好意の気持ちが強い場合において、職場でも自然と視線を向けてしまうことがあります。
その女性のことを常に追いかけてしまうことが多く、無意識のうちに行ってしまうことが特徴です。
これも好き避け男性特有の心理状態となっており、職場で相手を目で追いかける仕草が多くなります。
また自分は嫌われたくないという心理も働きかけてしまうことから、職場内において女性に話しかけることが出来ないこともあります。
また学校のように二人きりになる機会も少ないので、自分の気持ちを伝えにくいことが注意点となります。
ですがその場合でもドキドキという心理状態に違いはないため、職場での飲み会などを活用することが出来ます。
飲み会であれば普通に世間話をすることも可能なので、好き避け男性の心理も負担が少しは軽くなります。
また好きな女性を視線で追うという仕草に違いはないため、女性の方から積極的に声をかけるといったアプローチも有効です。

スポンサーリンク