好き避け男性に多い特徴とは

スポンサーリンク

好き避け男性に多く見られる1つめの特徴として、集団でいる時にはあまり積極的に行動しないことが多いです。
周りの人に好意を持っている女性といる場面を見られることを、必要以上に気にしてしまう性格が多いです。
そのため集団行動している時には、好意を持っている女性に対してあえて冷たくしてしまうことがあります。
ちょっとした意地悪をしてしまうこともありますが、好き避け男性の場合には本心は一緒にいたいという気持ちが強いです。
ですがその気持ちを直接伝えることが出来ない心理も働き掛けるので、意地悪やいたずらをしてしまいます。
そんな好き避け男性の心理における特徴として、意地悪やいたずらをする自分に注目して欲しいという欲求が生まれます。
また集団行動をしている時に視線が合ってしまった場合に、好き避け男性は目線を横にそらすことが多いのも特徴です。
一種の照れ隠しという仕草や動作でもあり、視線や目線を横に向けることで自分の気持ちをごまかしています。
逆に視線や目線を横ではなく下に向ける時には、好き避けではなく嫌い避けの可能性が高いです。

スポンサーリンク

 2つめの好き避け男性における仕草や動作の特徴として、好意を持つ女性と二人きりになった時にも違いがあります。
好き避け男性に多い特徴についてですが、二人きりになると積極的になったり話しかけてくることがあります。
集団行動している時には話しかけなかった場合でも、二人きりになることで周りに人がいないという緊張感がなくなります。
なので好き避け男性は好意を持っている女性に対して、周りに誰もいないことを確認したら逆に積極的になることもあります。
これも好き避け男性の大きな特徴となっており、二人きりになった時の態度でも判断することが出来ます。
逆に嫌い避けという意識が強い場合における特徴として、女性と二人きりになっても男性から話しかけることはないです。
好き避け男性は恥ずかしがり屋でもあるため、好意を持っていない女性とは話したいという気持ちにはならないことが多いです。
また会話をする必要もないと判断するのも特徴となっており、必要最低限の挨拶など以外はしない傾向があります。
このように女性と二人きりになった場合においても、好き避け男性であるか否かを簡単に判断することが出来ます。

スポンサーリンク