好き避けをする女性への接し方について

スポンサーリンク

好き避けとは本心では相手の事が好きなのに、相手に好意を悟られないようにわざと避ける態度を言います。
好き避けをする女性の心理には、恋愛経験が少ないために男性との距離感がわからないケースや過去の失恋のトラウマによって好きな男性を避ける女性もいます。
このような好き避けをする女性への接し方については、相手のプライドを尊重することを推奨します。
例えば、表面的に冷たい態度を取られても自分は相手の気持ちに配慮して落ち着いて対応しましょう。
好き避けをしている女性に対して、自分も冷たい接し方をすると相手はショックを受ける事があります。
また廊下で会った時に無視をされても、何度も笑顔で挨拶をすると徐々に心を開いてくれる女性もいます。
好き避けをする女性の中には、過去の恋愛のトラウマによって冷たい態度を見せる人もいるために、自分は信用できる人間だという事を伝える事が大切です。
そのため、いきなりデートに誘うような接し方は避けた方が良いです。
最初はメール交換をして、お互いの人間性を知ってからデートに誘うようにしましょう。

スポンサーリンク

学校や職場で好き避けをしてくる女性への接し方については様々な方法があります。
相手がプライドの高さから、わざと好き避けをしている場合は相手の意思を尊重する事が大切になります。
基本的にプライドが高い女性は自分の話を聞いて欲しいと思っている人が多いです。
そのためゆっくりと話を聞く接し方が良いでしょう。
また、恋愛経験の乏しさから好き避けをしている相手に対しては、自分から積極的に話しかける接し方が有効です。
例えばテレビや趣味の話をして、お互いの共通点を探すような接し方をすると、相手は心を開いて話しかけてくれる可能性があります。
またユーモアのある会話をする事によっても、相手はリラックスするために話しやすい雰囲気となります。
重要な事は、次に会ったときにお互いに普通に会話ができるようにする事です。
そのため好き避けをしている相手と会話をする時は、相手の目を見て丁寧な接し方をすることを推奨します。
またデートに誘う場合は夜の食事よりもランチに誘った方が成功率が高くなります。
最初の誘いに断られた場合であったも、時間を置いてから誘うようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク