好き避けとそっけない態度について

スポンサーリンク

恋愛の中で片思いをしているという人がいます。
片思いというのは恋愛の中でまだ初期段階であると考えることができます。
この時期には些細なことでも不安となってしまいます。
恋愛の際の相手が好き避けをするという人の場合、相手の本当の気持ちを理解することができずに悩むこともあります。
好き避けというのはどのような特徴があるのかというと、好きな相手に対してその気持ちとは逆の行動を取るという物です。
しかし必ずしもすべての人が好き避けをしているということではありません。
本当に嫌いという気持ちから、冷たい態度を取ったりそっけない態度を取っていることもあるので注意が必要です。
好き避けでそっけない態度を取っているときにはどのような判断方法があるのか気になります。
恋愛の初期段階で自分が相手に対してそっけない態度を取ることがありますが、この場合自分に自信がないというのが理由となっています。
このまま仲良くなって内面を知られたらどうしようという不安感から、好き避けでそっけない態度を取ってしまうのです。
今まで仲良くしていた人が急にそっけない態度を取ると非常に不安になります。

スポンサーリンク

相手にとって好き避けでそっけない態度を取られてしまうと非常に不安となりますが、実際には好き避けをしている本人の方が大きな不安を抱えています。
相手と親しくなって自分の本当の性格がわかると嫌われてしまうのではないかというような不安な気持ちがこのような行動へと変化させているのです。
したがってそっけない態度を見せたときには、深く関わらずにしばらく様子を見るというのが一番の対処方法となります。
これが思いやりとなります。
好き避けでそっけない態度を取るときにそっとしておくと、相手が何らかの行動を取ることがあります。
避けている人が女性の場合には友人から何かを伝えてくることがあります。
しかしここで気をつけなければいけないことは、何度もメールを送ったり電話でそっけない態度を取る理由について問い詰めないことです。
そっけない態度を取るときの感情をはっきりと理解しているということではないので、あまりにも何度も追求されると嫌な気持ちになります。
好き避けで仲良くなった人を急に避けるというそっけない態度を取るときには、相手が気になっていると判断することができます。

スポンサーリンク