好き避けする人に受け身タイプが多い理由とは

スポンサーリンク

恋愛心理学において好き避けする傾向が強い人の多くは、性格についても受け身タイプという可能性が高いです。
その理由について説明していくと、好き避け傾向が強いと相手との恋愛関係に中々進展しないことが多くなります。
それが自分に対して自信が持てないという理由からくるものなので、恋愛だけでなく性格も受け身タイプになることが多いです。
また受け身タイプの人は必要以上に物事を考えてしまうので、ドタキャンしたり相手から嫌われてしまうような行動を取ってしまうことがあります。
その結果自分に自信が持てなくなってしまい、中々好き避けという傾向や性格が治らなくなってしまいます。
こういった傾向や受け身タイプというのは、比較的若い女性や恋愛経験が少ない場合に発生することが多いです。
さらに好き避けする傾向が強い場合において、相手と仲良くなることが怖いという心情が働きかけることもあります。
繰り返しこういった動作や仕草を行ってしまうことが多いので、中々治すことが出来ず苦しんでしまうこともあります。
これが一般的な好き避けする人に多いタイプとなっており、恋愛だけでなく性格も受け身傾向が強くなってしまいます。

スポンサーリンク

 好き避けする傾向が強い人が受け身タイプの性格を治すためのポイントとして、自分に自信を付けることが重要です。
自分に自信がないことが一番の理由となっていることが多いので、プライベートを充実させることがポイントとなります。
学業や仕事に直結する内容でなくても良いため、自分が心から楽しめる趣味や習い事などを見つけることが重要です。
そういった経験を繰り返していくことで、少しずつ自分に対して自信が付いていきます。
特に趣味や習い事などで賞などを取れば、これまでの受け身タイプであった好き避けの性格を変える大きなチャンスにもなります。
また趣味や習い事であれば長続きしやすい傾向もあるため、好き避け傾向が強い場合には自分なりの楽しみを見つけることも大切です。
そのような経験を積み重ねることによって、それを相手に話す機会を作ることが出来ます。
その結果受け身タイプではなく、逆に異性に対して積極的になれる可能性が生まれてきます。
なおこのような自信を付けるポイントとして、自分の趣味や習い事が好きである異性を見つけることが重要です。

スポンサーリンク