好き避けでデートを断る理由は相手に嫌われたくないからです

スポンサーリンク

好きな人とは、恋愛関係になる前に、デートなどをする事になります。
会う回数が増えていく中で、お互いをよく知る状況に関係性も深まっていきます。
 デートを断る好き避けの行動は、割とよく見られる行動パターンでもあります。
理由の一つには、恥ずかしい心理状態を有しているからというのが挙げられます。
好きな相手と一緒に過ごせる時間は、嬉しい気持ちも当然もつ事になります。
しかし、いざ一緒に過ごす場面になると、相手との距離の近さに恥ずかしい気持ちが先行してしまう事もあります。
好き避けでデーをを断る理由は、恥ずかしい気持ちからであり、うつむき加減で頬を赤らめた様なという表現にも当てはめられます。
 好き避けでデートを断る理由は、ややネガティブな感情が芽生えているからでもあります。
本当は、相手とデートできる事、誘ってもらった事が嬉しい気持ちがあります。
しかし、誘いを受け入れてしまった時に、デートの状況を思い浮かべて、相手が自分を嫌いになるのでは、という恐怖心に近いものをもっています。
好きであるが故に、相手に嫌われたくない理由から、デートを断るなどの好き避けに至ってしまうのです。

スポンサーリンク

 せっかく待ちに待ったデートの誘いなのに、断るなどの好き避けになってしまう理由は、緊張感が半端な状態ではない、という場合があります。
普段緊張しない人であっても、好きな人からの誘いですので、一緒に食事をしたり、どこかに出かけるなどの場面を想像しただけで緊張してしまう人もいます。
今すぐの誘いというよりは、中何日間かの期間が存在しての誘いの場合も多くなります。
ドキドキ感が止まらない状態になるのが嫌で、断る理由になってしまっている事があるのです。
誰しもが何の心配もなく、2人で楽しく過ごせる心理状態にあるとは限っていません。
緊張する人にとっては、当日までに日々緊張感が増して気持ち悪くなってしまうケースなども存在します。
 好きだけどデートを断る理由については、百戦錬磨の強者として、作戦で行っているから、というケースもあります。
好き避けの行動も、相手の反応を読みながら行っている人がいるのです。
好き避けの行動を示す事によって、相手が自分に関心をもつ場合もあります。
その様な成功の場面を想定している事が理由で、好き避けでデートを断る人も見られます。
端的な理由としては、好き避けを行う人の恋愛経験なども豊富な事が挙げられます。
効果的な自分の行動、相手の反応を読み尽くしているのです。

スポンサーリンク