好き避けするメールの特徴

スポンサーリンク

女性が男性を好きになると起こりやすいのが好きなのに避けてしまう「好き避け」です。
好きなのに好き避けしてしまう理由としては、緊張や不安になってしまう心理からくると言われています。
相手を意識しすぎてしまうことによって自然な振る舞いができず、結果的に好きなのに避けてしまうという行動を取ってしまうようになります。
このような好き避けしてしまう女性の特徴としては、自分に自信が持てなかったり、プライドが高い人に起こりやすい傾向があるとされています。
男性の場合は、好き避けをそのままストレートに捉えてしまい、嫌われていると思う人も多いです。
しかし、実は好き避けである可能性もあるため、特徴を把握することによって素っ気のない女性が実は自分に好意を抱いていたということもあるため注意をして相手を見ることが大切となります。
また、メールでも好きなのに避けてしまうという特徴が現れる場合もあります。
メールなどの相手の顔が見えないコミニケーションツールであれば、女性も話しかけやすいとされています。
目の前の行動だけではなく、このようなコミニケーションもしっかり注意することがオススメです。

スポンサーリンク

好き避けしてしまう女性のメールの特徴としては、メールをしたらすぐに返信が来るのではなく、相手に好意がバレてしまうのではないかという気持ちから返信を遅らせるという特徴があります。
遅らせることによってメールを待っているのではないという格好をつけるとも言えるのです。
メールが無視されてしまったという場合には、好き避けではなく嫌いだから相手をしたくないということもあります。
完全に返信がない状態が続いているときには女性はメールを送ってきた男性を嫌がっている可能性が高いと考えられます。
好き避けの特徴はあくまでもメールの返信が遅れるというのが特徴です。
時間をかけることでどのように返信をしようかなどを考えていることで返信が遅れることが多いのとされています。
しっかり好き避けの特徴をつかんで、女性にアプローチしたい場合にはメールで徐々に距離を詰めたり、二人きりで話してみるなど相手が話しやすいようにしていくことが親密になるポイントです。
ただし、本当に嫌いで避けたいという場合もあるため嫌い避けの特徴も知っておくことをオススメします。

スポンサーリンク