好き避けをやめたい、治したいのなら、自分から動く事です

スポンサーリンク

恋愛相手に対して、自分の意思に関わらず、好き避けの行動に出てしまう事があります。
相手からの誤解を招かないためにも、やめたい、治したいという人もいます。
 好き避けをやめたい、治したい場合、相手と接近したり、遭遇した場合に発生する事が多いため、場の慣れを感じさせるなども必要です。
場の慣れというのは、相手と遭遇した時の自分の行動を改めるという事でもあります。
好きな人に対しては、確かに緊張感などを抱いてしまう場面もあります。
しかし、好き避けをやめたい、治したいという気持ちがあるのであれば、相手となる人に慣れ、遭遇した時の状況にも慣れる事が大切です。
直ぐに慣れに繋がる訳ではないため、場数を踏む状態にする事で、相手への緊張感などが解れる場合もあります。
ですので、敢えて相手に近づく機会を自分から作ってみるのも工夫の一つです。
 工夫の仕方は、会話などを仕掛けてみたり、挨拶で会話を始めるなども行えます。
最初から自然な会話を望まなくても、自分から声を掛けてみると、一回一回にできた感を覚える可能性も見込まれます。
好き避けをやめたい、治したいと感じた時が、相手との関係性に進展を期待できるチャンスでもあります。

スポンサーリンク

 好き避けをやめたい、治したいのであれば、思い切って告白を行う方法もあります。
告白をするのは、百聞は一見に如かずの状況を相手にも感じ取ってもらえる方法となります。
好き避けをやめたい、治したいと思ったきっかけは各人で違いもありますが、相手に誤解されてるのではないか、という疑心暗鬼に陥っている人もいます。
悩んでいるよりは、告白をした方が、一気に相手に気持ちが伝わる確率も高くなります。
今まで好き避けの態度に出てごめんね、などを手短に添えておくと、相手からの理解も深まります。
 周囲に誰か人が存在していると、相手に好き避けの態度になってしまう場合もあります。
好き避けをやめたい、治したいのであれば、周囲の視線、これから発生するかもしれないと思い込んでいる思惑などを気にしない事です。
相手に告白する以前であれば、周囲に気持ちを悟られる事も少ない状況です。
周囲に気付かれる事を気にし過ぎる余り、本来の恋愛対象に素直な自分を示せないのは、残念な状態でもあります。
好き避けをやめたい、治したいのであれば、逆に周囲と相手が会話している場面などに、自分から入り込むというのも対処法になります。

スポンサーリンク