好き避けが悪化する事への防止方法は、告白も一つに挙げられます

スポンサーリンク

恋愛感情が芽生えると、相手にどうしようもない気持ちが同時に発生する事もあります。
自分はしたくなくても、好き避けの状態になってしまう人もいます。
 好き避けの状態が悪化する事もありますので、防止方法を考える必要が出てくる場合もあります。
悪化するのは、自分の好き避けの状態がエスカレートするケースもあります。
そして、相手の感情の部分で、マイナスなイメージが付いてしまうなどの場合もあります。
防止方法は、自分自身でも、かなり意識して言動などを修正していく事がポイントになります。
 悪化防止の方法としては、まず早急な対策が必要になるのは、相手の態度が急変したなどの場合です。
相手が引き気味になっている様な場合には、告白という方法も本当の好意を伝えたり、誠意を伝えるチャンスになります。
相手が誤解してしまっている場合、防止方法も、これ以上の悪化を止める必要に迫られます。
好き避けで、相手がもう受け入れられない、という状態になる事は食い止めなければいけません。
告白した事によって、相手にも真意が伝わる、誤解を訂正できる場合もあり、今後の防止方法にもなるといえます。

スポンサーリンク

 自分の好き避けの状態が悪化する、というケースもあります。
この場合には、防止方法を考える時にも、自分の普段の相手に対する行為を考慮しておく事が必要です。
面識があるのに、相手から会話を振られるのに、素っ気無い態度をしてしまう好き避けもあります。
悪化する事への防止方法は、勇気を振り絞って、相手に話しかけてみる事などが挙げられます。
会話にまで発展しなくても、すれ違う様な場面があれば、挨拶をしてみるだけでも、悪化を防ぐ可能性に繋がります。
自分でも、相手に挨拶ができた、と感じる事ができますので、今後好き避けが悪化してしまう状況についての防止方法になります。
 好き避けで、相手に意地悪をしてしまう人もいます。
意地悪は、止めを知らないと、エスカレートしてしまう場合もあります。
本人にとっては、勿論相手に好意があって行っていますが、相手にその真意が伝わっているかは不明です。
状況判断としては、自分が少し出過ぎている好き避けでもあります。
この場合の防止方法は、自分に引きの状態を覚えさせる事でもあります。
意地悪を仕掛けたくなる衝動に駆られたら、2回に1回位は、引く自分も覚えていく事がポイントです。
相手との駆け引きは、時に引きの状態が功を奏する事もあるのです。

スポンサーリンク