好き避けをする女性心理と間接キス

スポンサーリンク

間接キスというのは直接キスをするということではなく、ジュースの回しのみなどで同じストローなどに口をつけることを言います。
間接キスというのは恋愛経験がない人に対しては非常にドキドキすることです。
間接キスというのは女性でも男性でもあまり興味がない相手に対しては避けたいと考えられています。
したがって女性心理の中で間接キスをするということは、相手に対して一定の好意があると考えることができます。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
この好意にはいくつかの種類があるということです。
相手に対して友達と思っているという人もいれば、何も気にしていないという人もいます。
しかし女性心理の中で間接キスをするのは恋愛感情がなければ無理という人も少なくありません。
女性は好き避けをするという人が多くなっていますが、女性心理の中で好き避けの際に好意の違いを見分ける方法としては、それほど難しいことはありません。
好き避けをする女性の場合には、好意があるときには特定の行動をすることが多くなっています。

スポンサーリンク

なぜ女性心理で好き避けの場合、恋愛感情がある人は自分が口につけた物を渡すという間接キスがそれほど苦になりません。
相手が口をつけた物をほしがるというような間接キスの場合には、女性心理として好き避けではなく友情としての好意が多いという傾向があります。
このときの女性心理としては、自分を受け入れて欲しいというような無意識の心理が働いていると考えられています。
好き避け女性は自分の気持ちを上手に伝えることができませんが、間接キスというのは自分を受け入れてくれるかどうかを知りたいという女性心理が背景にあります。
逆に考えると、好き避け女性に関しては、相手を受け入れているというサインとなります。
しかしたくさんの人と一緒にジュースを飲むときには、好意があるかどうか判断することができません。
このようなときには口をつけた場所を確認します。
好き避け女性が、恋愛感情がない人の次にコップを使うときには、前の人が使ったところを避ける傾向があります。
たくさんの人の中に好意を寄せている人がいる場合は、女性心理としてその傾向が強くなります。

スポンサーリンク