好き避けと嫌い避けと無視の違いについて

スポンサーリンク

恋愛心理学において好き避けと嫌い避けの違いについて、その相手を無視するかしないかが重要なポイントとなります。
基本的に好き避けを意識している異性の場合には、一時的に冷たくしても無視するといったことはないです。
好き避け意識が強いということは、その相手に対して表面上には出なくても一定の好意を持っていることになります。
そのため心の中では話しかけられて嬉しいと感じてしまうが、それを知られたくないためあえて冷たい対応を取ってしまいます。
なので冷たい反応を見せることはあっても、基本的にはその相手のことを無視せず頼まれごとなどはきちんとこなします。
逆に嫌い避けしている場合においては、相手からの頼みごとに対して乗り気でないことがおおいです。
無視するに近い対応を取ってしまうことが多く、嫌い避けしている異性に対してあからさまな拒否反応が返ってくることが特徴です。
嫌い避けという心理状態において、興味がない異性のために仕事などをするのは非常にめんどうな作業となります。
このように異性からの頼みごとを受けるか否かによっても、比較的簡単に好き避けもしくは嫌い避けしているかを判断することが出来ます。

スポンサーリンク

 一般的な恋愛心理学上において、好き避けもしくは嫌い避けを見分けるポイントとして相手への対応が大きく関係しています。
好き避けを意識する異性であれば無視することはありませんが、嫌い避け傾向が強い場合には冷たい拒否反応が出てしまいます。
ですがそれ以外の方法でも見分けるポイントがあり、それは好意を持っている異性の動作や仕草が関係しています。
好き避け意識が強い場合には、好意を持っている相手が近づいた場合には体が向いています。
逆に嫌い避け傾向が強いケースでは、体は別の方向を向いていて無視することが多くなってしまいます。
また会話をしている時に相手が腕を体の前で組んでいる時にも、無視とはいかないまでも警戒している可能性が高いです。
人間の行動心理として、好き避けしている場合には相手に対して警戒や無視することはないです。
ですが逆に嫌い避けが強い場合には、相手に対して何らかの警戒心を抱いている可能性が高くなります。
そのため自分の身を守るという意味から、人は無意識のうちに腕組みや足組みといった動作や仕草をしてしまうことがあります。

スポンサーリンク