好き避けで誤解を解く場合、2人きりになれる時間を利用できます

スポンサーリンク

好きな人に対しては、面と向かってしまうと、堂々とした態度よりも、照れや恥ずかしい気持ちの方が先行してしまう事もあります。
つい視線を逸らしたり、素っ気無い態度を示してしまい、好き避けではありますが、相手から誤解を受けてしまうケースなども存在します。
 好き避けで好きな相手から誤解されてしまった場合、誤解を解く方法は、避けの部分をできるだけ少なくしていく事でもあります。
相手にとっては、自分は嫌われているのかな、と感じる状態になっていたりします。
違う、本当は好きなの、という思いであるなら、誤解を解くのは有している好意を行動にする事でもあります。
どうしても挨拶さえなどもできないというのであれば、好き避けを抑えて、軽く笑顔で会釈するなどが効果的です。
 好き避けの態度によって誤解を招いてしまった場合、解く方法は、好意的な部分を示す必要もあります。
できるだけ持続して誤解を解く努力をしていく事が重要になります。
持続して行わないと、ツンデレ状態になってしまう可能性があり、相手に更なる気持ちの変化などを呼んでしまう危険性に繋がります。

スポンサーリンク

 好き避けの態度は、相手に誤解されてしまう事があります。
程度を弁えて行動する事も、誤解を招かない工夫になります。
解く方法は、2人きりになった時などを利用して、自分から話しかけてみるなどができます。
普段周囲に人が存在して好き避け状態になっている場面との区別を付ける事で、誤解を解く事に繋がる場合があります。
解く方法において、2人きりになった状態を活用すれば、2人でいる時にはこの人の態度違うんだな、という思いに至る事もあります。
好き避けは、相手が受け入れてくれる場合には効果に繋がります。
しかし、一端相手の気持ちが固定してしまうと、取り返すのに時間を要する事があります。
注意も必要なのです。
 好き避けで、誤解を解く場合、最終手段としては告白をする方法があります。
告白は、できるだけ自分が行う事がポイントになります。
他の人が介在してしまうと、誤解を解くにおいても、誠意に欠ける部分も出てしまいます。
本人である自分の言葉で告白をすれば、本気度にも違いが生まれます。
遅れた分を取り返すという意味においても、一応好き避け状態を謝罪しておくなどもポイントになります。

スポンサーリンク