好きなのに話しかけられない好き避けを克服しよう

スポンサーリンク

好きなのに話しかけられない好き避けには、いくつかの原因が隠されています。
その中の一つとしまして、好きなのに話しかけられない好き避けの中には、心身が危険な環境にいると錯覚を起こしている場合もあるのです。
好きなのに話しかけられない状態とは、特別な環境を作り出しています。
興奮する様な特別な環境は、普段の安全な生活に違いがあります。
その様な環境に対して体の防衛本能が働く事によって、好き避けの状態が引き起こされる場合もあるのです。
好きな異性とは、一般の異性に比べて大きな姿として意識をしている場合もあるでしょう。
その大きな姿が危険な錯覚を心身に引き起こしている可能性もあります。
自身も大きな姿として自覚をすれば、相対的に異性の大きさを小さくする事も可能です。
好きなのに話しかけられない異性が持つ知識を吸収すれば、同じ様な姿として自覚出来るでしょう。
異性が持つ趣味などの知識は、好きなのに話しかけられない場合の話の種として作り上げる事も出来ます。
好き避けが払拭され、逆に話したい思いが心の底から沸いてくるかもしれません。
好き避けの姿の中には、顔を下げる様な姿も現れやすくなります。
そのため、異性の顔をしっかりと見る思いを持ち合わせれば話しやすい思いを作り出しやすくもなるのです。

スポンサーリンク

好きなのに話しかけられないと思い込んでいる心理状況は、好き避けを更に強めてしまう可能性があります。
好きなのに話しかけられない姿は、異性に対して嫌われるかもしれないと思いこんでしまう場合もあるでしょう。
この様な心理状況は、自身に意識が集まりすぎている場合もよくあるのです。
異性に対して喜んで欲しい思いを持ち合わせる事によって、嫌われてしまうかもしれない不安を追い払えるかもしれません。
好きなのに話しかけられない好き避けを頻繁に引き起こされると、心身がそれを学習をしまして条件反射を生み出す可能性もあります。
異性を刺激として、避ける反応が無意識に作り出される場合もあるのです。
ここでのポイントは、好きな異性を意識しまして楽しく一緒にいる姿を思い浮かべる事です。
心身は、その刺激は良い刺激として学習を見直し、好き避けが起きる反応を抑えてくれるかもしれません。
子供の多くは、ピーマンが苦く嫌いな食物として有名です。
心身が毒ではないかと錯覚を引き起こすためです。
苦くても食べる続ける事によって、心身は健康に良い食物だと判断を行い苦味を抑えてくれるのです。
勇気を持って行動に移し続け、心身に慣れさせて行く行動力も大切です。

スポンサーリンク