相手を好き過ぎて、好き避けの状態になる事があります

スポンサーリンク

誰かに対して好意などの感情が芽生える事はありますが、自分一人の中で感情が徐々に増していくケースもあります。
好き過ぎてしまう余りに、相手に対して好き避けの態度になってしまう事もあるのです。
 相手を好き過ぎて好き避けになるのは、自分の中で相手の存在が大きくなり過ぎているからでもあります。
相手に告白などで気持ちを伝える以前は、自分のからだの内側で感情を処理する事になります。
でも、相手に対する好きという感情は、日にちを追う毎に増してしまう場合もあります。
そうすると、自分の気持ちを言えていない分、好き避けで現実には相手から逃げる様に見える部分も出てきてしまうのです。
 相手の事が好き過ぎて好き避けの状態になる場合、自分の感情を押し殺している可能性なども読み取れます。
自分で相手を好き過ぎになっている状態に気付き、相手を目の前にしてしまうと歯止めが利かない自分も見えています。
そのために、好き避け状態で相手から気持ちを逸らす様な行動に出る事があるのです。
本当は好き、でもどうにもならない自分の気持ちについても、歯がゆさを覚えています。

スポンサーリンク

 相手に対して意地悪を仕掛けてしまうのは、好き過ぎて好き避けの状態になっている事があります。
相手に好意があるのは確かでも、好き過ぎてしまうと、つい何かを相手に仕掛けたくなる気持ちが生じます。
相手を可愛いと感じる部分もあって、つい意地悪をして相手を怒らせるなどの状態になります。
相手が好きである気持ちが強すぎて、意地悪をする事によって好き過ぎている感情の捌け口になってしまっている可能性も読み取れます。
相手の感情を逆なでしてしまう事もありますので、意地悪を伴う好き避けは、注意も必要になります。
 相手を好き過ぎて素っ気無い態度、返事も余りしない様な態度になってしまうのは、好き避けの一種でもあります。
本当は相手の事が好きで、偶然でも出会った場面に嬉しい気持ちがあるのに、どう対応していいかわからずに素っ気無い態度をしてしまっています。
相手からも素通りされてしまうと、本人は後から後悔するなどの心情になる事もあります。
相手と接触した時には、素直に話しかける、挨拶だけでもできる事を自分自身が望んでいます。
気持ちとは裏腹に、好き避けの態度が先行してしまう事もあるのです。

スポンサーリンク