好き避けする人は行動に一貫性がない

スポンサーリンク

恋愛心理学における好き避けする人の行動について、好意を持っている異性に対して一貫性がないことがあげられます。
好き避けする人に多い行動として、急に冷たくなったり視線を中々合わせないといったことがあります。
このような行動を繰り返し行ってしまう傾向が強いので、恋愛心理学において一貫性がないと認識されています。
好き避け意識が強くなってしまうことで、自分に自信が無くなってしまい消極的な性格になることが多いです。
心の中では好きな異性と話をしたいと思っていても、行動や動作などがそれとは反対の仕草を見せてしまいます。
そのため結果的に一貫性がない行動を取ってしまうので、相手からは誤解されてしまうこともあります。
また好き避けではなく嫌い避けという場合においては、逆に行動において一貫性があるのが特徴です。
好き避け意識が強い人の場合には、恋愛感情を持たない異性に対して事務的に対処することが多いです。
そのため行動においても一貫性があるので、通常とは異なった対応をすることも基本的にないです。
このような違いを認識するだけでも、相手が自分に好意を持っているか否かを簡単に調べることが出来ます。

スポンサーリンク

 基本的に好き避け意識が強い人の行動には一貫性がなく、突然無視したり視線を合わせないなどがあります。
ですが特定の異性に好意を持っている状態でもあるため、好き避けする人を好きになった時には次の対処法があります。
確かに行動には一貫性がありませんが、その一方で好き避けする人は二人きりになると対応が変化することがあります。
二人きりになると親密になるというケースがあり、自分の趣味や連絡先なども比較的簡単に教えてくれることが多いです。
一貫性がないのが特徴となりますが、二人きりになった場合に行動パターンが単純なのも特徴です。
この場合におけるポイントとして、相手から話しかけてきた場合にはこちらも笑顔で対応します。
逆に相手が話しかけてこない時には、こちらから世間話などを始めていきます。
その話の中で連絡先などを質問して、後日電話やメールで連絡するといった流れが効果的です。
注意点として二人きりでいる時に有効な方法なので、学校や職場といった集団行動している時には逆効果となります。
必ず二人きりになる工夫や努力をすることが、好き避けする人と仲良くなるための秘訣です。

スポンサーリンク