女性の好き避けの行動パターンの特徴について

スポンサーリンク

好き避けとは好意を持つ異性に対して「恥ずかしい」「どのように好意を表したらいいのかわからない」「幻滅されるのが怖い」などといった心理から避けてしまう行為のことです。
好き避け最近では女性にも多くみられます。
好き避けをしている女性の行動パターンと特徴としては様々なものがあげられます。
好き避けをしている女性の行動パターンとしては行動に統一感がない、普段は避けているのになんとなく近くにいる、目が合わない、顔をそらすなどの行動パターンと特徴が見られます。
焦りや緊張などの気持ちから女性はこのような行動パターンをとってしまいます。
また好き避けをする女性の特徴としてシャイなタイプやプライドが高いタイプなどがあげられます。
素直に気持ちを伝えることができない女性が、好き避けをしやすいタイプの特徴といえます。
このように避けられているからといってイコール嫌われているということではありません。
避けるという行為は好意から行ってしまう場合もあります。
好きだから避けられているのか、嫌いだから避けられているのかを見分けるには相手の女性の行動をよく見てみましょう。
好き避けの場合には好意があるため、完全に避けられるということはあまりありません。

スポンサーリンク

好き避けをしてしまう女性心理としてはあまのじゃくな性格だから、相手の気を引きたくて冷たくしたり避けたりしてしまう、どのように好意をアピールしたらいいのかわからないといったものがあげられます。
好き避けをしてしまう女性の行動パターンの特徴としては、いくつかあげることができます。
行動パターンの特徴としては好きな男性からのメールなどをすぐに返さない、そっけない態度をとる、好きな男性の隣をキープしている、好きな男性と会話が続けられない、目を合わせられないといった行動パターンが特徴としてあげられます。
これらの行動パターンをとってしまうのは相手を意識して緊張してしまい、自然な行動をとれなくなるからです。
ただし上記のような行動をとっている女性がいるからといってイコール好き避けと思い込むのは避けましょう。
好き避けとは真逆の嫌い避けという行為も存在し、文字通り嫌いだから相手を避ける行為です。
この2つを見分けるためには相手の反応に注意しましょう。
相手に好意を抱いている場合には男性が何らかのアクションを起こすと女性は好意を持っているため嫌われないためにフォローを行いますが、嫌いな場合にはフォローがなかったりそっけなかったりするのが特徴です。
また避けてしまっている方も好意が原因とはいえ、避けているだけでは距離は縮まらないので気を付けましょう。

スポンサーリンク