男性の好き避けの行動パターンの特徴について

スポンサーリンク

好き避けとは相手に好意を持っているにもかかわらず、相手を避けてしまったり冷たい態度をとってしまったりといった特徴の行動パターンをとってしまうことです。
男性だけでなく最近は女性にも多い行動とされています。
男性が好き避けでとってしまう行動パターンのひとつとして、こちらから近づいても態度はそっけないのに、離れることはせずにそのままの距離感を保っているという特徴の行動パターンがあげられます。
これは男性の好き避けの行動パターンとしては多いものです。
このような行動パターンをとる男性の心理としては好きな人の近くにはいたいけど、どう接していいのかわからないといったものがあげられます。
好き避けでなく嫌っている場合には男性はすぐに距離をとろうとします。
このような行動パターンをとってしまう男性がいるのならば、嫌われているから避けられているのではなく好意を持たれている可能性があります。
ほかにも男性の好き避けの行動パターンの特徴は様々なものがあげられますが、好きだからといってもそっけない態度をとっていたり、避けているだけでは相手との距離は縮まりませんので気を付けましょう。

スポンサーリンク

男性の好き避けの行動パターンの特徴としては様々なものがあげられます。
特徴的な行動パターンとしては態度はそっけないのに近い距離を保っている、2人でいるときに無言であることが多い、視線を感じるが目が合うとそらされる、男性から連絡は来ないけどメールを送るとすぐに返信が来るなど様々な特徴の行動パターンがあげられます。
これらの特徴をとってしまう男性の心理としては緊張してしまう、恥ずかしくて何を話せばいいのかわからない、会話をして幻滅されるのが怖いといった心理状態が考えられます。
上記のような特徴の行動をとられている心当たりがある場合には相手の男性に好意を持たれている可能性があります。
女性も相手に好意がある場合にはアピールしたり、自然体で接するようにしましょう。
ただし好き避けとは真逆の嫌い避けという行為も存在します。
嫌い避けは好き避けとは違い、言葉通り嫌いだから相手を避ける行為です。
相手の反応をよく見て好意によるものなのか、嫌いという気持ちによるものなのか判断しましょう。
あえて距離を置いてみるのも一つの方法です。

スポンサーリンク