好き避け男性へ告白する時に気をつけることは

スポンサーリンク

好意を持った男性が好き避け出会った場合において、告白する時に気をつける点がいくつかあります。
1つめの告白時に気をつけるポイントとして、好き避け男性とある程度親密になる必要があります。
好き避け男性は自分に自信がないと思っていることが多いので、親密な状態でない時に告白しても断られる可能性が高いです。
両想いという形であっても、好き避け男性の場合には告白しても成立しないことがあるので注意が必要です。
気をつけるポイントとして親密になることが重要ですが、そのためには女性の方から積極的に話しかけることが大切です。
好き避け男性は自分から話しかけることはあまりないので、放置しておくとどんどん距離感が広がってしまいます。
なのでその点において気をつける必要があるため、積極的に会話をして距離感を広げないように心掛けます。
またある程度世間話が出来る関係であれば、告白をしても相手から受け入れられることが多いです。
これが1つめに気をつけるポイントとなっており、好き避け男性の場合には先にある程度仲良くなっておくことが重要です。

スポンサーリンク

 2つめの好き避け男性に対して告白する時に気をつける注意点として、二人きりの時に気持ちを伝えることが重要です。
好き避け男性は他人に好意を持っていることを知られるのを嫌う傾向があるため、集団で告白しても逆効果となります。
これが普通の男性とは異なっているポイントとなっており、告白する時に一番気をつける注意点でもあります。
なので集団行動している時には告白せずに、好き避け男性と二人きりになった時に気持ちを伝えるのが最適です。
そして二人きりになった場合にさらに気をつけるポイントとして、自分の気持ちをストレートに伝えることも重要です。
警戒心も強いことが特徴となっており、回りくどい方法だと不信感を与えてしまうことがあります。
ですので二人きりの時に好きと伝えた方が、相手にも真剣な気持ちが伝わりやすくなります。
また告白をする時には、メールではなく直接相手に伝える工夫や配慮も必要となっています。
恋愛において普通の男性に比べて受け身姿勢が強いので、告白する場合にはこのようにしっかりと下準備をした上で行うことが大切です。

スポンサーリンク