女性が好き避けの状態から告白するにはタイミングも大切です

スポンサーリンク

好き避けは、相手を好きであるが故に発生してしまう行動でもありますが、告白を考える場合もあります。
タイミングは、相手の心理状態なども考慮しながら見計らう事もポイントです。
 好き避けの状態が続いている中でも、女性が告白を予定する事があります。
タイミングを逃してしまうと、好き避けの状態によっては、相手にマイナスのイメージなどが深くなってしまいます。
自分でも多少相手に対する言動を振り返りつつ、相手に引かれる前に女性から告白する事ができます。
 同じ好き避けでも、相手との視線を逸らしたりする程度であれば、相手にさほどの不快感も与えていないと推察されます。
女性がここぞと思った時が、告白のタイミングでもあります。
相手の状況を確認しながら行う事も、成功の確率を高めます。
相手の状況は、勿論相手に特定の彼女が存在しているかなどで、多少情報収集を行ってから告白をする事もできます。
好き避けをしてしまう女性の中には、相手との接触に大きな緊張を伴う事もあります。
ですが、相手にとって迷惑な時期などでなければ、勇気を出して、本当の自分の気持ちを素直に伝える事も大きな転換点になります。

スポンサーリンク

 女性が、好き避けの状態から告白をする場合、女性の普段の相手に対する態度によって対応が違ってきます。
例えば、相手がどんな態度に出るかを計算しながら、好き避けを行える女性も存在しています。
この場合には、相手との心の駆け引きを行っている状態でもありますので、相手の様子を見ながら告白する事ができます。
好き避けは、心に余裕がない状態で行ってしまう人もいます。
しかし、故意に行っている人の場合には、例えば相手をからかうなどの行為に及ぶ事があります。
できるだけいつもの小悪魔的な部分を抑えて、素直に告白する事もポイントになります。
 女性が好き避けの状態から告白に移行するには、状況設定などが必要になる場合もあります。
相手と面と向かって落ち着いて話す事が難しい、と感じる人もいます。
その様な場合には、友人などを介在させて、綿密な計画を立てながら告白するなども一つの方法です。
できれば女性自身が自分で行った方が、真意が伝わり易い事も多くあります。
唯、好き避けの状態を終わらせて、相手に素直な気持ちを伝える事に大きな意義もあります。

スポンサーリンク