好き避けのサインは視線にあり

スポンサーリンク

気になるあの人に避けられている気がする。
そんな人は沢山いるはずです。
しかし、安心して下さい。
それはもしかして、あなたの事を好きだというサインかもしれません。
好き避けという言葉をご存知でしょうか。
実は避けられていると思っていても、視線が合う時が何度もあるという方はチャンスです。
自分の行動を思い出して見て下さい。
好きな相手に、気付いたら視線がいってしまっていたなんてことは結構多いはずです。
それは自分だけでなく、相手も同じなのです。
好き避けをしてしまう特徴として、好きな相手の近くにいるのが恥ずかしくて避けてしまうけど、どうしても視線がそっちに向いてしまう。
そういう人が多いのです。
思い出して見て下さい。
もしかしたら既に相手からそんなサインをもらっているかもしれません。
気付いていないだけで、実は両思いだなんてとても素敵な事ですよね。
しかし、お互いに好き同士でも伝わっていなければ片思いと同じです。
ですので、是非好き避けのサインがあるという事を覚えておいて欲しいのです。

それだけで貴方の世界は今までとはまるで違う色になってくるのです。

スポンサーリンク

好き避けをしてしまう相手に対して行えることは、まずはこちらから声をかけて行くこと。
視線が1日に何度も合っているのなら、自分だけでなく相手もこちらを見ているという事ですので自信を持って、まずは挨拶から始めてみてはいかかでしょうか。
その後は天気の話や昨日見た番組の話など、少しずつ会話に織り交ぜながらしていくと、気付くとこちらからも相手に好きだというサインを送っていることにも繋がります。
好き避けをしてしまう人はどうしても自分に自信が無く、それでも視線を送ってしまい好きというサインを止められない人が多いです。
そんな相手に好き避けをされないためにも、先ずは自分から好き避けする相手に歩み寄り、こちらからも好きという気持ちを込めて視線を送り、自然な流れで視線を外す練習をして下さい。
すると相手ももしかして、好き避けのサインかもと気付いてお互いに自信をを持って好きというサインを次第に出していけるのです。
相手と両思いになりたいのなら、まずは視線を相手に送る事。
そして、好きというサインをその視線で相手に送ることがとても大切なのです。

スポンサーリンク