好き避け女性が感じる嫉妬心について

スポンサーリンク

恋愛において積極的に行動することが出来ない好き避け女性ですが、その一方で好きな男性に対する嫉妬心にある特徴があります。
それは好き避け女性が好意を持っている男性が、他の異性と仲良くしている所を見ると人一倍傷ついてしまいます。
自分に自信を持つことが出来ない好き避け女性ですが、嫉妬心については人一倍感じてしまうことが注意点です。
またそういった時に好意を持つ男性が話しかけてきても、逆に冷たく返してしまうことがあります。
基本的に自分が好意を持っていることを知られなくない心理が働きかけるので、表に嫉妬心を出さないことが多いです。
表面上にあまり出ることがない嫉妬心であるため、相手のことが気になるという気持ちの表れでもあります。
ですがその一方で相手に話しかけることが出来ないので、好き避け女性の片想いとして終わってしまうこともあります。
それによって好き避け女性の心が傷ついてしまい、恋愛において積極的に行動することが出来なくなります。
これが一般的な嫉妬心の特徴で、自分に自信がないことから発生する心理状態となります。

スポンサーリンク

 一般的に好き避け意識が強い女性の場合には、好意を持つ男性に対して嫉妬心を抱いてしまうことが多いです。
そこで好き避け女性を男性が好きになってしまった場合において、その嫉妬心を上手に活用することがポイントです。
嫉妬心の中には自分に注目して欲しいという欲求が含まれているので、男性がそれを解消するように接していきます。
ただいきなりフレンドリーに接するのではなく、最初は世間話や当たり障りのない内容から始めます。
いくら好き避け女性が男性に好意を持っているからといって、まったく警戒心がないという状態でもないです。
逆に警戒心が強くなっている状態なので、ここで対応を間違えてしまうと逆に関係がこじれてしまいます。
特に若い女性の場合には恋愛経験自体が少ないことが多いため、対応を間違えると嫌われてしまうこともあります。
ですがその一方で好き避け女性から話しかけてくることもないため、その点は男性が上手にアプローチする必要があります。
これも好き避け女性と恋人同士になるための駆け引きなので、時間をかけてゆっくりと行っていきます。

スポンサーリンク