女子高校生の好き避けの特徴は、相手を透明人間化する事です

スポンサーリンク

学校生活の中で、好きな人ができる場合もあります。
好意があっても、好き避けの状態になってしまう事もあります。
 女子高校生の好き避けの特徴は、相手と廊下などですれ違う事があっても、無視をしたり、素っ気無い態度になる事があります。
学校生活の場合には、普段は毎日学校に通う事になりますので、多少の面識があると挨拶なども交わす事があります。
でも、好き避けを行う女子高校生の特徴は、相手を透明人間の様に扱う場合があります。
本当は話したいなどの気持ちが心の中にあっても、咄嗟の対応ができない状態になります。
 似た様な好き避けを行う女子高校生の特徴として、聞こえないフリなどをするケースもあります。
名前を呼ばれても、直ぐに相手の方向へ振り向かずに、何回か呼ばれた後に、聞こえなかったという様なフリをする事があります。
自分の名前を呼ばれるという事は、相手から指名されている状態でもあります。
女子高校生自身の心情によっては、相手に呼ばれて見えない様にでも自然とスマイルが出てしまっている場合もあります。
女子高校生の好き避けの特徴は、教室や学校の廊下など、狭い空間でのやり取りに象徴されます。

スポンサーリンク

 女子高校生が行う好き避けの特徴には、ドタキャンなども含まれます。
複数で出かけるなどの予定をしていたり、デートなどに誘われても、ドタキャンをかましてしまうのです。
相手への好意があって、誘ってもらった直後は嬉しく、気持ちも高揚している状態になります。
しかし、時間の経過と共に、様々な心配事なども頭に浮かび、不安要素が多くなってしまうのが特徴でもあります。
例えば、一緒にいる時に話しかけられたら、どの様に対応すればいいか、別れる時間まで間がもつか、などの心配があります。
出たとこ勝負、という気持ちで臨めば、結果功を奏する場合もあります。
 女子高校生に見られる好き避けの特徴は、要らない、別になどの言動などがあります。
相手からちょっとした話しかけなどがあった時に、否定をする様な内容、返答をしてしまう状態になります。
特にモノを介在させて、相手と会話などを行う際に出る特徴もあります。
女子高校生がこの時に行う好き避けは、相手から振られた言葉に内心ドキドキした気持ちを有しています。
顔の表情は、何気ない状態であっても、心の中を透かしてみると、ハートが鼓動速く、大きくなっている状況です。

スポンサーリンク