好き避け女性の恋愛における行動パターンとは

スポンサーリンク

好き避け女性が好きな男性に対する恋愛行動パターンについて、集団行動する場面や場所ではあまり積極的に話してこないです。
集団行動する場所で好意があることを見せてしまうと、それを周りの人に知られてしまいます。
好き避け女性はそういったパターンを強く嫌う傾向があるので、基本的に人が多くいる場所では告白やアプローチなどはしないです。
そのため好き避け女性を好きになった場合には、男性から二人きりになるようにアプローチしていきます。
アプローチする内容については、仕事のことや好き避け行動が興味のある話題などが効果的です。
イベントや飲み会などで好き避け女性と話す機会があれば、そこで相手の性格や趣味について質問しておくのも良いです。
その後それらの情報を元にして、相手に性格や趣味について色々と質問していきます。
特に趣味に関するパターンであれば、高い確率で好き避け女性も素直に答えてくれることが多いです。
これが1つめの好き避け女性の行動パターンとなっており、周りに人が多いとあまりアプローチしてこないことが多いのが特徴です。

スポンサーリンク

 2つめの好き避け女性に多い行動パターンとして、好意を持つ男性を視線や目線で追う機会が自然と多くなります。
好き避け女性は積極的にアプローチすることが出来ない一方で、遠くから相手を見つめるという機会が増えます。
これも一種の恋愛における駆け引きや行動パターンとなっており、好意を持つ男性のことを考える機会が多くなります。
ですがその一方で集団でいる時において、その男性と視線や目線を合わせることも基本的にないです。
視線や目線が合うと好意を持っていると気付かれてしまうので、それを避けるためにそらしてしまいます。
一種の拒否反応や行動パターンとなっており、好意や恋愛感情を持っている場合において出てしまいます。
視線や目線や気持ちが出やすい場所でもあり、中々目を合わせてくれない時には好き避けの可能性が高いです。
一見すると行動パターンや判断基準が難しい好き避けですが、豆知識を知っておくと逆に相手の心情を理解しやすくなります。
このような豆知識を活用して進めていくことが、上手かつ効率良く恋愛を楽しむための秘訣となっています。

スポンサーリンク