好き避けを行う女性の態度や行動は気持ちに鎧を付けています

スポンサーリンク

恋愛相手に対する態度や行動は、自分で希望する内容とは裏腹になってしまう場合があります。
好き避けの状況は、本人の心理状態、気持ちと相反する状況に繋がる事があるのです。
 女性がとる好き避けの態度や行動には、相手からするとフンッ、という状態に感じられるものがあります。
酷い場合には、顔を明らかに相手から逸らしてしまう状況を呈する事もあります。
女性特有の心の微妙な動きでもありますが、相手と接近する事が怖い部分も読み取れます。
相手を牽制しながら、鎧を纏って自分の心理状態を隠そうとしている状況が分析できます。
 一方で、わざと好き避けの態度や行動を示す女性も存在しています。
恋愛の実践経験が豊富な女性の場合、恋の駆け引きを自分優先で行う事が可能なケースもあります。
好き避けの態度や行動を示すと、相手がどの様に自分を捉えるかがわかっているのです。
結果を読み込みながら行う場合がありますので、相手の関心が自分に移った場合には、内心シメシメと感じているなども有り得る状況です。
好き避けを、打算から行える女性が存在する事も、頭の片隅に入れながら対応する必要もあります。

スポンサーリンク

 好き避けの態度や行動に出てしまう女性は、自分に自信がもてなかったり、相手に嫌われたくない理由を有している場合もあります。
本来は、もっと素直に好意も相手に示したい気持ちがあります。
自分に自信がもてないと、態度や行動にも自信のなさが表れてしまう事があります。
でも、好きな相手でもあるので、その弱い自信のない部分を悟られたくない気持ちもあるのです。
女性の態度や行動が意固地になっているとさえ感じられる好き避けの場合もあります。
女性自身で自信をもてる何かを身に付けるなどすれば、相手に対する態度や行動にも変化が出る可能性も見込めます。
 視線は口ほどにものを言う事があります。
好き避けの態度や行動には、相手との視線を合わせない、逸らすという内容が見られます。
心理状態には、相手と遭遇してしまった事に対する緊張感なども読み取れます。
目を逸らすのは一瞬の出来事でもありますが、本人がしたくて行っている訳ではないのです。
相手にとってみると、自分は避けられているのかな、と感じてしまう場合があります。
本人は、まずい目が合っちゃったという感覚ですが、少し相手との接近にも慣れていく心構えが必要です。

スポンサーリンク