好き避け女性における職場の飲み会での対応について

スポンサーリンク

好きなのに避けてしまう好き避け意識の強い女性が、職場での飲み会に参加した場合における好意を持つ男性への特徴を紹介します。
職場での飲み会となると必然的に同僚や上司などが集まるので、好き避け女性は自分の気持ちを抑えることが多いです。
そのため職場での飲み会で好意を持つ男性と一緒になっても、積極的に話しかけることはほとんどないのが特徴です。
これは周りの人に自分の気持ちが知られてしまうことを避ける心理が働きかけるので、好意を持つ男性とだけ会話出来ないこともあります。
ですが好き避け女性にまったく反応がないというわけでもなく、好意を持っている男性に無意識に視線を投げかけることがあります。
好き避け女性に限らず、人は好意を持っている相手に対して自然と視線を向けてしまう特徴があります。
そのため職場の飲み会といった場面でも、無意識のうちに相手に視線を向けたり見詰めていることがあります。
ですが逆に相手がその視線に気づいた場合には、好き避け女性はすぐに別の方向を向きます。
視線を向けるものの見つめることが出来ないのも、好き避け女性における大きな特徴となっています。

スポンサーリンク

 好き避け意識が強い女性が職場の飲み会に参加した場合において、好意を持つ男性に視線を投げかけることが多いです。
ですがその一方で視線を合わせることはほとんどなく、中には冷たい態度を取ってしまうケースもあります。
職場の飲み会は無礼講という形で主催されることが多いため、会社の中にいる時に比べて会話も弾むことがあります。
比較的落ち着いて話をすることが出来るのが職場の飲み会の特徴でもあり、好意を持つ男性と距離を縮めるチャンスでもあります。
ただ普通のやり方や方法では駄目なので、好き避け女性に対しては少しずつ距離を縮めることが重要です。
なので職場での飲み会を一つのきっかけとして、世間話から始めたり相手の趣味について質問するのも有効です。
特に相手の趣味について聞くことが出来れば、職場での飲み会が終了した後でも気軽に話しかけることが出来る可能性が高くなります。
好き避け女性は大人しい性格が多い傾向があるので、焦って恋愛に発展させるようなアプローチは逆効果となります。
そのことを意識してコミュニケーションを取ることが、好き避け女性と上手に付き合っていく秘訣となります。

スポンサーリンク