好き避けによるラインでの特徴

スポンサーリンク

好きになった相手に好意を知られたくないがために相手を避けてしまう行動を「好き避け」といいます。

 

学校や会社では、周囲に知られることで関係がぎくしゃくしてしまうことを恐れてそういった行動を取ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

社会人となるとそういった相手と自分のポジションや立場を考えてそうならざるをえない方も多いですが、学生など若い方は異性との接触が未熟なため単に恥ずかしくて避けてしまうシンプルな理由が多いです。

 

相手にアプローチをしたいのに逆の行動を取ってしまうことは、普段のなにげない生活の間だけでなく連絡手段としてたくさんの人が使用しているラインでさえも「好き避け」の場として如実に特徴が表れます。

スポンサーリンク

 

ラインでの「好き避け」の特徴は、わざと返信を遅らせたりそっけない文面にしたりといろいろありますが、中には返信しないなんて方も存在します。

 

好きすぎて何を返したらいいのか悩んでしまい、時間がたちすぎて結局返せなかったなど相手の反応を気にしすぎたせいでせっかくの仲良くなれるチャンスも「好き避け」をすることで台無しになってしまいかねません。

 

ラインはリアルタイムで通信できるため、既読がつくと読んだことが相手に知られてしまうため時間がたてばたつほど相手に悪いイメージをつけてしまう可能性があります。

 

好きな相手が恥ずかしがりやで急に態度がそっけなくなったときには「好き避け」の可能性があります。
そういった場合はすぐに諦めるのではなく、様子を見て自分から少しずつアプローチを仕掛けることをおすすめします。

スポンサーリンク