好き避けの態度の中に多い目線をそらす行為について

スポンサーリンク

特に若い頃の恋愛は恥ずかしいという感情が強いのが特徴です。
その時期には周囲に友人たちや家族がいるため、好きな異性に対して積極的になるのが難しい環境です。
これが大人になると状況が変化するため、恋愛にもより積極的な態度で向かっていけます。
つまり真剣な男女の恋愛は、二人きりの方が集中できるという結果です。

 

相手のことが好きでも積極的になれない理由は、個人的な立場や仲間たちとの関係にあります。
特に集団の中で生活を続けている場合、急に好きな異性が登場しても目線をそらすのが普通です。
これは恋愛における好き避けという態度なので、感情に素直になれない男女の心理があります。
またそこに仲間たちがいる場合には、自分の立場を守るために異性との関係から離れる選択肢もあるのです。

スポンサーリンク

 

他人の目線は恋愛においては重要なメッセージになっています。
特に好きな異性を見つめる行為は、個人的な恋愛感情をはっきりと表現しています。
相手が素早くそれに気付く場合には、お互いの気持ちも高まっている証拠です。
しかし、好きな相手を見つめて目線をそらされる時は、相手が好き避けをしている可能性が高くなっています。

 

一般的な好き避けは個人的な目線にもはっきりと表れるのが普通です。
目線をそらすという行為の裏には、個人的に恥ずかしい気持ちと恋愛感情を知られたくない心理が関係しています。
これは男女に共通している好き避けの理由なので、気になる相手の目を見れないことは自然な結果です。
一般的に常に目が合う男女は特別な感情を持っていると認識されるため、ここで別の場所を見ればそれを否定できるのです。

スポンサーリンク